リスクオフの円買いで米ドル円は久々に大きく下降しています

ECBの予想以上の利上げや米国の経済指標の悪化。

世界的な景気減速懸念が強くなりました。

結局は今までと同じリスクオフの円買い。

米ドル円とユーロ円は大きく下降しています。

スポンサーリンク

2022年7月18日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年7月24日ユーロドル4時間足チャート

1.020まで上昇して1.011まで押し、1.026まで上昇しました。
そこからはレンジで、1.027から1.012までを上下しています。
取引終了は1.021でした。

戻り売りの目安としていた1.012は何事もなく突破。
考察通りに様子見の一週間となりました。

1.000から300PIPS弱戻してレンジです。
簡単にパリティ割れする事はありませんでした。

週足はダイバージェンスで上昇示唆。
日足はもう少し上昇でヒドゥンダイバージェンスになりそう。
そうなれば下降示唆となります。

1.034を超えるまでは下方向優勢と見て検討していきます。

レンジの天井1.027で反転下降、下目線になったら売り。
超えても1.034までは下降ダウで売り。
目標は1.007で見ています。

上方向ではトレンドラインでの反転を念のため警戒。

下方向は1.007付近からはパリティ割れにトライするかの様子見です。

米ドル円4時間足チャート

2022年7月24日米ドル円4時間足チャート

先週からの流れを引き継ぎ下降を続けました。
137.37まで落ちてから反転上昇で138.87まで。
このまま高値更新トライかと思ったら上昇はここまで。
下降の勢いが強くなり、135.56まで安値を更新しました。

久しぶりに長い実体の陰線が続きました。
直近最高値139.37から400PIPS弱下降しています。

週足はダイバージェンスで下降示唆
でもあと少し下降でヒドゥンダイバージェンスになるでしょう。
日足はすでにヒドゥンダイバージェンス。
ヒドゥンダイバージェンス解消は131.34割れです。

直近の勢いは下ですが、大きな流れはまだまだ上と見ます。

下降中は待ちで上目線になったら買い。
134.21を損切りでリスクリワード次第でトレードします。

134.21を下抜くようなら短期で売りも検討していきます。

ユーロ円4時間足チャート

2022年7月24日ユーロ円4時間足チャート

上昇スタートで140.78。
139.68まで押して再上昇は141.92。
再度押して140.41から上昇、142.30まで上がりました。
しかし上昇はここまで、長い陰線で下降の勢いが強まります。
138.97で取引終了しています。

狙ってた140.00での押し目買い。
いい感じに動いてたんですが、もう少し押しそうだったし所用もあって離脱。
そしたら陽線一本で飛んでっちゃってました。

夕飯前にチャート見た時はちょっとショックでした・・・
しかしその後に指値で入った140.75からの押し目買いで勝ったんで良しとします。

週足は上昇ダウで上方向優勢ですが、長い上ヒゲが多いのが気になります。
日足は下降ダウで下方向優勢。
4時間足は安値切り下げ下目線、ですが少し下降でヒドゥンダイバージェンスで上昇示唆。

直近の流れは下、大きな流れは上と見ています。
だから今週は下に動くと見て売りだけ考えます。

そのまま下降なら戻り待ち。
140.00を超えるまでは売りだけ検討します。
戻りなく136.82近辺まで落ちたら様子見とします。

140.00を超えたら様子見で、上目線になったら買い検討します。

ポンドドル4時間足チャート

2022年7月24日ポンドドル4時間足チャート

1.203まで上昇して長い上ヒゲ陰線で下降。
1.192まで落ちてから1.204まで上昇しています。

その後は実体の長さが同程度の陰線陽線が続きます。
レンジのような動きで安値は1.118、高値は1.206でした。

1.205での売り狙いに近い動きでしたが、ゴチャっと動いてたんで見送りしました。

週足は下方向に勢いあるもダイバージェンスで上昇示唆。
日足はもうすぐヒドゥンダイバージェンスで下降示唆でもレンジの動き。
4時間足はダイバージェンスで下降示唆でもゴチャっとしたレンジ。

そろそろ週足の調整上昇と見ています。

1.205から1.190の間は待ち。
超えたら上昇ダウで買い。
下抜いたら1.175付近での反転買い。

下に動いてる間は様子見します。

今後のトレード方針

ユーロドルは売り検討。
米ドル円は買いだけど今週は下かも。
ユーロ円は売り検討。
ポンドドルは買い検討。

考察にぴったりハマれば別ですが、今週は全通貨ペアとも様子見が基本。

トレードはFOMCが終わってから考えます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました