ユーロドルが20年ぶりのパリティ割れ、この流れは加速するのか?

ユーロドルがパリティ割れしました。

対ドルでここまでユーロ安が進んだのは20年ぶりだそうです。

ロシアのウクライナ侵攻も終わらず、ユーロ圏の経済悪化懸念が続いています。

スポンサーリンク

2022年7月11日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年7月17日ユーロドル4時間足チャート

取引再開から下降。
1.000まで落ちました。
その後は1.012を最高値に上下動。
一時0.995まで落ちましたが1.008で取引終了しています。

今後は1.000を割り込むか、跳ね返されるかの見極めからでしょう。

RSIはヒドゥンダイバージェンスを形成してます。
しかし1.012を超えてくれば解消。
まずは1.012近辺での動き方次第で対応を変えます。

反転下降なら1.000目標の売り。
超えてきたら様子見。

1.000を下抜いたらダマシ警戒で様子見。
状況次第で戻り売り検討とします。

米ドル円4時間足チャート

2022年7月17日米ドル円4時間足チャート

上昇が続いてます。
139.37まで高値更新です。

日足・週足を見ると落ちてもおかしくなさそうな形状。
それでも上昇を続けています。

米ドル円は変わらずの買い一本。
137.00を下抜いたら様子見します。

ユーロ円4時間足チャート

2022年7月17日ユーロ円4時間足チャート

下降スタートで137.01まで。
そこから反転上昇で139.87までいきました。
取引終了は139.70です。

138.00近辺での戻り売りを狙ってましたが戻りなし。
その後の上昇も大きな押しや戻りなく、予定通りの様子見の一週間でした。

4時間足は上目線ですが、日足では下。
まだ下方向優位と見ますが、もう少し戻りそうな形状にみえます。

そこでトレードするなら140.00近辺での押し目買い。
そのチャンスがなければ様子見とします。

ポンドドル4時間足チャート

2022年7月17日ポンドドル4時間足チャート

スタート即下降。
そのまま1.180まで下降していきました。
1.196まで戻した後に1.175まで下降。
取引終了が1.186です。

1.205での戻り売り狙いでしたが、チャートを開いた時にはチャンスなしでした。

下降のダウ形成で下向きの流れ。
ダイバージェンスから戻りの上昇ですが、もう少し上がればヒドゥンダイバージェンス。
まだ下方向優位と見ていきます。

1.200では反転即売り。
1.205までは下向き優勢になってから売り。
超えたら様子見再検討。

戻りがない限りトレードしません。

今後のトレード方針

ユーロドルは売り優先。
米ドル円は買い。
ユーロ円はピンポイントでの押し目買いだけ。
ポンドドルは戻り売り。

今週はECBの政策金利発表があります。

ユーロドルがパリティ割れで落ち着くか。
跳ね返されて大きく戻るか。
パリティでのレンジか。

その後のFOMCまでバタバタするかも知れません。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました