ロシアの攻撃が激化、ファンダメンタルズ次第で急変動する相場環境です

ロシアの攻撃が激しさを増しています。
ついに原子力発電所も標的に。

ウクライナ情勢は悪化の一途。

リスク回避の動きが強く、米ドルと円は買われる相場環境です。

スポンサーリンク

2022年2月28日からの動きと今後のFX相場私的考察

ファンダメンタルズ要因で下降する相場の時は、だまってキープするだけで大きく利益を得る事ができるチャンス。
ちょっと前の新型コロナウイルス相場の時もそうでした。

ですが、私はどうも苦手です。

跳ね返りが大きいので反転狙いの逆張りばかり考え、長くポジションキープできません。

今回も同じく、チキン利確の連続で利益を積んでます。

ユーロドル4時間足チャート

2022年3月6日ユーロドル4時間足チャート

下に大きく窓を開けてスタート。
1.1245まで上げて窓埋めした後は、1.0884まで下降しています。

ファンダメンタルズが改善するまでは売り一本。
ここまで目立った戻りがありませんが、待ってからの売りでトレードは考えていきます。

1.1400を超えたら買いも考えながらの様子見です。

米ドル円4時間足チャート

2022年3月6日米ドル円4時間足チャート

リスクオフで米ドルと円が強い環境。
挟まれた米ドル円はレンジ相場になっています。

こちらも下に窓開けスタートでしたが、窓はすぐに埋まってます。

どちらかと言えば米ドルの方が強めでしょうか。
一度は115.79まで上昇してますが、金曜日の下降が強く114.77まで落ちて取引終了しました。

トレードはレンジ対応で考えています。
ですが売りより買いを重視したいと思います。

下に向かっている間は待ち。
反転後の動きを見て買いたいと思います。

下値の目安は、まずは114.00。
ここで上昇気配が無ければ、113.50まで待ちたいと思います。

113.50を下抜いたら売り重視に変更予定です。

ユーロ円4時間足チャート

2022年3月6日ユーロ円4時間足チャート

こちらも大きく下に窓開けスタート。
窓は埋まり切らずに下降しています。

昨年最安値125.07まで落ちてます。
下降の勢いが強いので、ユーロ円もファンダメンタルズ改善までは売り一本。
131.50までは戻り売りでいきます。

ポンドドル4時間足チャート

2022年3月6日ポンドドル4時間足チャート

下に窓開けスタートは他通貨ペアと同じ。
米ドル円のようにレンジが続きそうでしたが、金曜日に安値更新で下降が強くなりました。

昨年の最安値1.3160も目の前です。
反転上昇が強くなる事も考えられますが、ポンドドルもファンダメンタルズ改善までは売り一本。
1.3650を超えたら買いも考えます。

今後のトレード方針

ユーロドル・ユーロ円・ポンドドルはファンダメンタルズ改善までは売り一本。
米ドル円は買い優勢のレンジ対応。

どういった形であれ、この紛争の終結が見えてこない限り、急変動が続く相場環境になりそうです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました