イマイチな結果の米雇用統計でしたが米ドル買い一択は続いてます

米ドル買い一択の状況が続いてます。

米雇用統計のイマイチな結果で一度は下降した米ドル円。

しかしすぐに反転して、昨年の最高値まで上昇しています。

スポンサーリンク

2021年10月4日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年10月10日ユーロドル4時間足チャート

N字の波を作りながら下降しています。
日足でも下降のダウ継続中。

1.1700に引き付けてから売りとしていましたが、思ったほど上には戻りませんでした。
今後もトレードは「上に引き付けて売り」で入れるチャンスを待つだけ。

引き続きの注意点は、週足での戻り。
1.1900から大きな戻りなく下降しています。
戻りではなくても、そろそろ揉めてもいい頃合いです。

それでも明確なサイン(日足で上昇のダウになる)が出るまでは、トレードは売りだけでいく予定です。

米ドル円4時間足チャート

2021年10月10日米ドル円4時間足チャート

110.50に引き付けてからの買いとしていた米ドル円。
こちらも思ったほど落ちずに上昇してしまいました。

取引終了時のレートは112.219。
昨年の最高値112.216をほんの僅かにオーバーです。

ここで押してもよさそうです。
勢い的には一気に113.00を目指しそうにも見えます。

米ドル円も明確なサイン(4時間足で下降のダウに転換)までは、買いトレードだけで考えます。

押し目やフラッグなど、上昇を見込めそうなチャート形状でエントリーするだけ。

ユーロ円4時間足チャート

2021年10月10日ユーロ円4時間足チャート

基本様子見としていたユーロ円。
週前半はどっちか分からない動きでしたが、後半以降に上向きの流れが出ています。

ただ週足や日足で見ると、まだまだレンジもありそうなチャート形状です。
そのためこのまま様子見でいきます。

トレードするなら129.70~130.00あたり。
この付近で揉めたり、超えてからの押しがあれば買ってみます。

ポンドドル4時間足チャート

2021年10月10日ポンドドル4時間足チャート

1.3600付近まで戻ったら売りとしていました。
戻りはしたのですが、そこから思ったように下降とはいきませんでした。

一度1.3540付近まで落ちましたが再上昇。
取引終了レートは1.3613で、ほぼ横に動いた感じです。

基本は売りでチャンスを探します。

まずは下降のダウ形成待ち。
その後は戻りやチャートパターンで売りエントリーします。

1.3500付近での反転上昇に注意。
更に落ちたら直近安値の1.3410では、反転買いも検討に入れておきます。

上昇の場合は1.3712を超えたら様子見。
1.3751を超えたら、買いでのトレード検討に入ります。

今後のトレード方針

ユーロドルとポンドドルは売り。
米ドル円は買い。
ユーロ円は様子見だけど、トレードするなら買いで。

金融政策で考えれば、米ドル買い・円売りが妥当な選択です。
ですがそろそろ、調整の米ドル売りも気になります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました