米ドル円とクロス円が大きく上昇、円売り一択相場になりました

米ドル買いだった相場環境が、円売り一択の相場環境になりました。

米ドル円とユーロ円は大きく上昇。
クロス円は軒並み上昇しています。

スポンサーリンク

2021年10月11日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年10月17日ユーロドル4時間足チャート

日足ではまだ切り上げていませんが、4時間足では高値を切り上げました。
安値に関しては今後次第ですが、横に動いて揉めてるチャート形状が続いています。

前回考察した通り、揉め始めました。

これまでのように売りだけで考える状況は終わりのようです。
もしかしたら、週足での戻りがあるかも知れません。

1.1640から1.1520の間で上下している間は様子見。
このレート帯を抜けた方向についていく形でトレードを考えていきます。

米ドル円4時間足チャート

2021年10月17日米ドル円4時間足チャート

112.10から114.45付近まで大きく上昇しています。
113.25から113.66の間で少し揉めた程度で、目立った押し目のない上昇でした。

週足でみると陽線の連続。
そろそろ押しそうにも感じてしまいます。

それでもまだ目線もダウも上方向。
下降のダウになるまでは買いのみで考えます。

上値の目標値は115.50付近。
113.30付近までは、下降のダウにならない限りは買いで入ります。

113.30を下抜いても基本的には買い。
ただし週足での押しを考慮して、上昇のダウが形成されるのを待ちたいと思います。

ユーロ円4時間足チャート

2021年10月17日ユーロ円4時間足チャート

米ドル円と同じように、目立った押し目のない強い上昇でした。
日足では7本連続陽線です。

やはり米ドル円と同じように、ユーロ円もそろそろ押しそうに見えます。

ですがダウや目線はこれまた米ドル円と同じ。
なのでトレードも同じく、買いだけで考えていきます。

下降中は待ちで、反転上昇での押し目買い狙い。
130.80付近までは買いだけで考えます。

133.00付近では、日足の押し目になる反転下降に警戒。
超えてくるなら買いの上値目標を134.00で見ていきます。

下降のダウが形成されたら様子見で。

ポンドドル4時間足チャート

2021年10月17日ポンドドル4時間足チャート

しばらく横に動いてましたが、高値と安値の切り上げが確定。
上昇のダウを形成し始めました。

1.3770付近まで上昇して少し戻してます。
取引終了時のレートは、直近高値の1.3733付近です。

押し目買いのポイントになりそうなところです。
1.3600までは買いだけでトレードしていきます。
ただし、早々に下降のダウが形成されたら売りも考慮します。

上昇が続いた場合、目立った押しが無ければ1.3900まで待ち。
1.3900は週足レベルの大きな下降のスタートなので、今回も反転売りを狙ってみます。

今後のトレード方針

ユーロドルはレンジ抜け待ち。
米ドル円とユーロ円は買い。
ポンドドルは基本買いだがダウ次第では売りも。

円買いに変わる大きな要因がない限り円売り一択で。
今後はファンダメンタルズ次第。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました