ユーロドルはどちらに動いていくのか|一週間のトレード成果

ユーロドル4時間足チャート トレード

方向性がなかなか定まらないユーロドルです。先週は上昇して今週は下降。約100PIPSの間を動いているだけです。

スポンサーリンク

ユーロドル4時間足チャート

ユーロドル4時間足チャート


日足でみると1.132で上値を抑えられて下降した形になっています。まだ安値切り下げにはなっていないので上昇の可能性も残されていますが、上方向への勢いはなかなか付かないようです。

4時間足では上昇のダウを作りながら上方向に動いていたのですが、一気の下降で上昇のダウも終わり1.125で抑えられながら横ばい状態です。やはり長期足の方向性が強いのでしょうか。

今後は1.120を下抜くかどうかで方向を決めたいと思います。
先週の検証で1.130以上の時は買いトレード有利だが、1.1340を超えないと上方向強しとはいえないと検証しました。つまり1.130を下抜いたら売り有利ということです。

ほぼ検証通りの一週間になったのですがトレード自体は、エントリーポイントのミスと上方向に拘ってしまったため負けてしまいました。

方向性は週の終値が1.1245くらいですので、この近辺での値動きを見ながら対応したいと思います。やはり1.1340を超えないと上方向は見込めないような感じです。

4月15日から一週間のトレード成果

プラス   0PIPS
マイナス 40PIPS

トータル マイナス 40PIPS

丸で囲ったレンジの中で動くという先週からの想定と、1.130より上は買いトレードという自分の想定に拘ってIFO注文を入れておいたのですが、紫の丸のなかの一気の下降で負けてしまいました。

夜にチャートをみてIFO注文で指値注文を入れておき、仕事終わりに確認するとエントリーして損切りされている。この繰り返しで先週から負けが続いています。

これからしばらくはチャートをみながらのトレードだけにしてみたいと思います。

コメント

スポンサーリンク