新型コロナのデルタ株の感染拡大が為替相場に影響を与えています

米ドル高の相場が続いていましたが、週末に米ドル売りが強くなりました。
指標発表や要人発言で、相場環境がコロコロ変わります。

景気回復傾向に見られているアメリカですが、新型コロナのデルタ株が感染拡大傾向。
まだまだ不透明感もあるようです。

2021年8月9日から一週間

ユーロドル4時間足チャート

2021年8月15日ユーロドル4時間足チャート

1.1700まで落ちてから上昇しています。
戻りの勢いは強く、1.1793まで上昇しています。

日足では下降のダウで、1.1900までは下目線です。
4時間足では上目線ですが、トレードは日足の下目線重視でいきます。

もう少し上昇してから落ちていくと想定。
1.1830付近での反転下降を第一シナリオに、トレードの検討をしたいと思います。

1.1830を超えて上昇するようなら、高値確定後に再検討していきます。

下降の目標値は1.1750あたり。
勢いがありそうなら、1.1700付近までを目標に狙ってみます。

ユーロ高の材料が出ない限りは、とにかく上に引き付けてからの売りで。

米ドル円4時間足チャート

2021年8月15日米ドル円4時間足チャート

トレード開始早々に押し目買いのチャンスが来ました。
110.00から110.79まで上昇しました。

そこからは下降していき、横に動いてから強く下降。
109.60で取引終了しています。

日足の目線を重視して、引き続き押し目買いのチャンスだけ狙ってみます。

108.71までは日足で上目線。
ちょうど現在のレート付近で反転上昇しそうです。

取引開始早々は、反転からの上昇のダウを待ってみます。
110.00付近で押し目が来ると想定しています。

取引開始後も下降を続けるようなら、安値確定後に再検討です。
それでも基本的には買いで検討していきます。

ユーロ円4時間足チャート

2021年8月15日ユーロ円4時間足チャート

先週に考察したよりも狭い範囲、129.12から130.00の間をウロウロしています。
レンジ対応のトレードも出来そうですが、この範囲を抜けるまでは基本様子見でいきます。

上に抜けたら押し目買い。
下に抜けたら戻り売り。
それまでは様子見。

先週の考察とほぼ同じままです。

ポンドドル4時間足チャート

2021年8月15日ポンドドル4時間足チャート

1.3870付近から1.3790付近まで下降。
そこから1.3870まで上昇して1.3790まで下降。

取引終了は1.3865。
先週より一段下げて、横に動いた感じです。

4時間足ではレンジ相場でしょうか。
日足で見ると少しずつ下げてきています。

日足ではまだ上目線。
ですが4時間足では、もう少し下げると想定しています。

まずは1.3790付近での戻り売りチャンス待ち。
次は1.3720付近と1.3685付近での反転買い。

取引開始早々から上昇なら、押し目買いのチャンスを待ちます。

ユーロドルは売り。
米ドル円は買い。
ユーロ円は待ち。
ポンドドルは売りですが、なるべく下からの買いが本命。

週末にドル売りが強くなりましたが、長期ではドル高方向のままだと見ています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました