米雇用統計の強い結果で米ドル買いに動きましたがいつまで続くのか

米雇用統計は概ね良好な結果となりました。
それを受け、米ドル買いが強くなっています。

このままドル買い相場になっていくのでしょうか。

2021年8月2日から一週間

ユーロドル4時間足チャート

2021年8月8日ユーロドル4時間足チャート

落ちていってから反転上昇と想定していました。
始めは上下していてレンジかな?と思いました。

しかしADPで下降し始め、米雇用統計でさらに強く落ちていきました。

買い目線の下限と思っていたラインまで落ちてます。
まずは反転するか様子見から入ります。

下降の勢いが強ければ、戻りの上昇は浅くなりそうです。
浅い戻りでの再下降が見られれば売りで入ってみます。

1.1750を抜けられないようなら再検討します。

抜けてきたら売りの目標は1.1700。
この付近では反転上昇に注意。

1.1700を抜けてきたら、さらに強く落ちていきそうです。

米ドル円4時間足チャート

2021年8月8日米ドル円4時間足チャート

下限と想定していた109.00を下抜きました。
下かなと思ったらADPと米雇用統計で上昇。
110台で取引終了しています。

トレードは今後のダウ次第。
まずは押し目買いのチャンスを待ってみます。

110.00を下抜いたら様子見。
下降のダウができても少し様子見します。

一応、トレードは買いのみで検討します。

ユーロ円4時間足チャート

2021年8月8日ユーロ円4時間足チャート

取引開始から下降していき、129.12付近から上昇。
その上昇が130.00で止められて、少し下に落ちています。

上昇して130.00突破なら上昇のダウ。
下降して129.12突破なら、下降のダウ。
どちらも無ければレンジになりそうです。

上昇ダウなら買い。
下降ダウなら売り。
レンジなら反転狙い。

ザックリとこんな感じでいます。
まだ128.50から130.50の間でウロウロしそうな気がしてます。

ポンドドル4時間足チャート

2021年8月8日ポンドドル4時間足チャート

押し目の下降の一週間になると想定していました。
結果は横横のレンジ。
何とも言えないチャート形状です。

まずは米ドルの勢いを優先して、売りでのトレード検討でいきます。

上昇なら1.4000からの反転売り。
下降なら1.3870以下での戻り売り。

1.3800あたりを目標に考えています。

ただし、積極的なトレードは考えていません。
イケそうなら小ロットで。

ユーロドルとポンドドルは売り。
米ドル円は買い。
ユーロ円はダウ次第。

米ドル買いという、先週の想定は合っていました。
ですが、勢いがここまで強くなるとは思っていませんでした。

この勢いのままに米ドル円111台へ上昇、が第一希望です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました