FOMC後にドル売りが強くなりユーロドルとポンドドルは上昇しています

FOMC後にドル売りが強くなりました。

ユーロドルとポンドドルは上昇しています。
米ドル円とユーロ円は小さい動きでした。

スポンサーリンク

2021年7月26日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年8月1日ユーロドル4時間足チャート

1.1800付近からの反転下降。
想定通りのレンジだと思いましたが、その後は上昇のダウを形成しながら上に向かっていきました。

1.1900付近まで上昇してから押し目を作っています。
1.1866で取引終了しました。

4時間足では下目線になりましたが、日足ではまだ上目線です。
上昇のダウも形成中なので、目線は上で考えていきます。

ただし、もう少し落ちてから再上昇を始めると想定。
取引開始早々から横に動いて、フラッグを形成するようなら売りから入ります。
まっすぐ落ちるようなら止まるのを待ちます。

1.1800を目安に考えて、なるべく引き付けてからの買い。
下降のダウ形成や1.1800を下抜くようなら様子見。

そして1.1900付近まで上昇したら、反転売りを検討していきます。

米ドル円4時間足チャート

2021年8月1日米ドル円4時間足チャート

取引開始早々に下に動きました。
ここのところ米ドル円は、週末の想定とは逆に動いてます。

109.50付近で反転上昇して、110.30付近から下降。
下降のダウを形成して、109.66で取引終了しました。

現状110.70から109.50のレンジ相場といったところでしょうか。

少し大きく見て上は111.00、下は109.00。
これを抜けるまでは、レンジ相場対応のトレードでいきたいと思います。

まずは節目ラインでの反転狙い。
そして上からの売りと下からの買い。

ダウ方向を確認しながら、レンジ内での短期トレードで考えていきます。

ユーロ円4時間足チャート

2021年8月1日ユーロ円4時間足チャート

130.28からの反転下降という、先週末の想定通りの動きから始まりました。
しかし129.46は抜けずに反転上昇。

130.46付近まで上昇しましたが、そこを超えては来ませんでした。
約100PIPSの間で小さく動いている印象です。

週足・日足を見ても、ちょっと何とも言えない形状をしています。
はっきりとダウが形成されるまでは様子見でいきたいと思います。

トレードするなら、上に行ったらラインでの反転売り。
下に行ったら129.46付近での反転買い。

ただし、ダウが形成されてないなら積極的にはトレードしません。

ポンドドル4時間足チャート

2021年8月1日ポンドドル4時間足チャート

上昇のダウを形成しながら上に向かいました。
やはり先週の想定通り、週足の下ヒゲや日足の反転の強さが意識されたようです。

1.3985付近から落とされました。
この下降も強めに見える落ち方です。

日足の勢いの上目線で考えていますが、今週は押し目の下降を続けると想定。
なるべく下からの買いで検討していきたいと思います。

ただし下降のダウが形成されたら様子見です。
そして1.3685を下抜くようなら下目線に変更します。

ユーロドルとポンドドルは落ちてからの買い。
米ドル円とユーロ円はレンジ対応のダウ待ち。

今週はドルが買われると想定してます。
米ドル円はまた逆かな?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました