少し前のリスクオン相場に戻るのか?米ドル円が上昇し始めました

米ドル円が上昇しました。
ユーロ円にも上昇の雰囲気が出ています。

少し前の円売り相場に戻るんでしょうか?

今週はFOMCがあります。
ポジションキープの際は要注意です。

スポンサーリンク

2021年7月19日から一週間のFX相場私的考察

始まる前にかなりゴチャゴチャしてましたが、ついにオリンピックが開幕です。

選ばれた選手の方々、応援しています。
がんばれ日本!

オリンピックに関わるお偉方は、この期間だけは黙っててください。
しらけます・・・

ユーロドル4時間足チャート

2021年7月25日ユーロドル4時間足チャート

少しずつ切り下げてきたユーロドルですが、1.1750付近で下降を止められています。
反発して上に向かっても、1.1750あたりまで落とされる展開です。

ここを抜けてきたら売りでいきます。
それまでは、1.1830から1.1750あたりのレンジと想定しています。

上に抜けていったら買いを考えますが、積極的に買いトレードするつもりはありません。
基本的には上からの売りで検討していきます。

米ドル円4時間足チャート

2021年7月25日米ドル円4時間足チャート

先週末の考察では、109.00までを目標に売り検討と書いていました。
その通りの展開になりましたが、ちょっと欲張ってポジションキープを選択。
109.00からの反転上昇が強くて損切りされちゃいました。

110.53付近まで上昇して取引終了しています。
上昇のダウも形成されてますし、トレードは買いで検討していきます。

まずは押し目を待ってからの買い。
111.00では反転下降に要注意です。

下に向かっても110.00までは買いチャンス待ち。
ここを下抜いてきたら様子見にします。

昨年の最高値112.216が見えてきました。

ユーロ円4時間足チャート

2021年7月25日ユーロ円4時間足チャート

129.60を抜けて戻り売りのチャンス待ちだったんですが、タイミングを掴めませんでした。
それが逆にラッキーでした。
128.58まで落ちたんですが、その後に130.20付近まで上昇しています。

一度落ちたんですがその後ふたたび上昇して、130.10あたりで取引終了です。

週足は長い下ヒゲの陽線です。
日足も実体の長い陽線が多く、上昇の勢いがありそうに見えます。

131.00までは下目線の予定だったんですが、直近高値の130.28を超えてきたら買いで検討しようと思います。

130.28で反転したら売りで。
129.46を抜けるとダブルトップも見えてきます。

ユーロ円も昨年最高値127.223が見えてきました。

ポンドドル4時間足チャート

2021年7月25日ポンドドル4時間足チャート

一気に落ちていき、昨年最高値を下抜いてきました。
下降が強くなると思いましたがすぐに反転。
結局、昨年最高値を上回って取引終了しました。

週足では陰線ですが実体は短く下ヒゲが長い。
現状は少しずつ高値を切り下げながら下降している感じ。
日足ではまだ下目線ですが、上方向に強そうな感じです。

まずは買いをメインに考えて、1.3720付近と昨年最高値1.36850での反転買い。
昨年最高値を下抜いたら売りで考えていきます。

ただし取引開始早々から上に向かって、1.3800で反転下降の気配があれば売りから入っていきます。

ユーロドルは売り重視。
米ドル円は買い。
ユーロ円は状況次第。
ポンドドルは買い重視。

今はこんな感じですが、基本的にはFOMC待ち。
終わってから本格的に検討します。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました