日米金利差縮小の思惑から米ドル円が大きく落ちてます

米ドル円が大きく落ちていきました。

米国のインフレ鈍化による利上げ幅縮小。
日銀の金融政策修正による実質利上げ。

市場は日米の金利差が縮小していくと見ているようです。

スポンサーリンク

2023年1月9日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2023年1月15日ユーロドル4時間足チャート

取引再開から上昇。
1.0710から1.0770くらいを横に動いて再上昇。
1.0867まで上げてから1.0800辺りまで押して再上昇。
1.0830で取引を終えました。

上昇なら様子見と決めてましたのでノートレードでした。

勢いは完全に上方向。
狙うのは押し目買いのみとします。

今後落とされても1.0800までは押し目買い優先。
割ってきたら様子見。
1.0710を下抜いたら売りも検討します。

米ドル円4時間足チャート

2023年1月15日米ドル円4時間足チャート

フラッグを形成しながらジワジワ横に。
フラッグブレイクから週足の直近安値130.38を下抜いてきました。

狙っていた129.50での反転上昇はなし。
一気に127.45まで落ちて、流れは完全に下方向です。

日足の下降のダウが崩れない限りは売り優先で検討します。

上昇中は待ち。
130.50付近までは戻り売り狙い。
ここを超えてきたら様子見です。

ユーロ円4時間足チャート

2023年1月15日ユーロ円4時間足チャート

週足は長いヒゲ付きのローソク足が多いです。
日足は大きく上下してレンジになりそうな気配。
そしてこの一週間は142.84まで上げて138.00まで落ちてます。

140.00のブレイク売りを狙ってましたが、タイミング合わずにノートレードです。

陰線の方が実体の長いローソク足が多いです。
勢いは下方向の方が強そうです。

そこで前回考察に書いた137.50近辺での反転上昇狙いはやめにします。

狙いは140.00近辺と143.00近辺。
どちらも反転売り(戻り売り)だけ狙ってみます。

それ以外はレンジになる可能性もあるので様子見とします。

ポンドドル4時間足チャート

2023年1月15日ポンドドル4時間足チャート

取引再開早々1.2100をブレイクで上昇。
前回考察に書いた短期足での買いトレードが成功でした。

その後は1.2209まで上げてから調整下降。
1.2100を押し目に再上昇します。
これも買いトレード成功。

なんか久々にポンドドルで上手くトレードできた気がします。

週足・日足とも再上昇に向かう途中に見えます。
4時間足は1.2250がレジスタンスとなって上昇を止められた格好です。

二匹目のどじょうを狙って1.2250ブレイクで買いが第一シナリオ。
下降なら1.2100までは反転上昇で買い。

それ以外は様子見とします。

今後のトレード方針

ユーロドルは買い。
米ドル円は売り。
ユーロ円はライン付近での売りのみ。
ポンドドルはブレイク買いか押し目買い。

ドル売り円買いの流れが強くなってます。

米ドル円はどこまで落ちるんでしょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました