先週は重要指標が多い割には大きな動きはなかったように感じます。

2019年5月4日ユーロドル4時間足チャート トレード

ユーロドルはレンジ相場から抜けられないのでしょうか。FOMCや雇用統計があった割には大きな動きはなかったように感じます。1.110近くまで下降していたのですが結局先週の終値は1.120を超えています。

スポンサーリンク

ユーロドル4時間足チャート

2019年5月4日ユーロドル4時間足チャート

4時間足でみるとローソク足の実体ベースで安値切り上げが起きています。ヒゲベースでは高値の切り上げも出来ています。上昇の勢いが強い状況で週を終わっていますので、来週早々はそのままの流れでいきそうなチャート形状です。

ただユーロが強くなるようなファンダメンタルズ要因もみられないので、本格的な上昇トレンドとはいかないと思っています。

まずは1.120を超えてからのローソク足の動き方をみてからトレード方針を決めたいと思います。1.1250近辺で上値を抑えられそうな水平線が引けますので、ここまで上昇するかどうかで方向性を決めたいと思います。

上昇を止められて1.11台に戻っていくようなローソク足の動きを見せたら売りメイン、水平線を越えていったら買いメインでいきたいと思います。

2019年4月29日から一週間のトレード成果

プラス  10PIPS
マイナス 26PIPS

トータル マイナス 16PIPS

まとめ

サラリーマンに復活してからチャートをみながらのトレードが夜の2~3時間になってしまった為、指値のIFO注文がトレードのメインになっていました。

なかなか上手くいかなかったので逆指値でのIFO注文、つまりブレイクアウト狙いをメインに先週はトレードをしてみました。過去に一週間で200PIPS越えで勝った手法を試してみました。

結果は1勝5敗。
利確10PIPS、損切り5PIPSの固定幅でトレードしてみましたが、狙い通りの方向に動いているのですが先に損切りされてしまう事ばかりでした。

ちょっと損切り幅が狭かったのか、エントリーポイントが悪かったのか、相場環境が向いていないのか、検証も兼ねて今週もそのままいってみます。

コメント

スポンサーリンク