重要指標の発表もあり年明け早々から相場は大きく動いてます

大きな経済指標の発表もあり、新年最初の一週間から相場は動きまくりでした。

ドル高に向かったと思ったら円高。
一気に動いていく感じでした。

今年も荒れた相場になるのでしょうか。

スポンサーリンク

2023年1月2日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2023年1月8日ユーロドル4時間足チャート

日足は実体の長いローソク足ばかりです。
4時間足で見ても長いローソク足で下がったり上がったりしています。
下降のダウかと思いましたが、金曜日に僅かに高値を切り上げました。

週足は長い下ヒゲの陰線。
日足は陰線陽線交互でなんかレンジっぽい感じ。

何とも分かりません。
基本は様子見にしたいと思います。

トレードするなら前提で考察する事にします。

1.0700を超えなければ高値切り下げで売り。
1.0360近辺での反転上昇なら買い。

それ以外の動きはすべて様子見とします。

米ドル円4時間足チャート

2023年1月8日米ドル円4時間足チャート

4時間足で見れば上昇ダウで上げてるように見えます。
日足では下降のダウ継続中で下向きに流れ出した感じ。
週足では安値切り下げ確定です。

直近の勢いは下。
しかし130.00に近づくと買い勢力も強く上昇。
135.00に近づくと売り勢力が強く下降。

まだまだ大きな流れは分からなそうです。

まずは129.50辺りまでは反転買い。
135.00近辺では反転売り。

短期足のダウの流れに従い売り買いを検討します。

ユーロ円4時間足チャート

2023年1月8日ユーロ円4時間足チャート

140.00から下げて137.50で反転上昇。
141.50で止まってから140.00まで下げる。
その後は間を上下しています。

週足はまだ上昇のダウ継続中。
日足の直近の流れは下降のダウ。
4時間足の直近は揉めてます。

上に動いたら141.50近辺での反転下降は売り。
超えて上なら143台から買い検討。

下では140ブレイクで短期足で売り。
137.50近辺での反転上昇は買い。

それ以外は様子見とします。

ポンドドル4時間足チャート

2023年1月8日ポンドドル4時間足チャート

週足は下ヒゲ長く実体短い陽線。
RSIも50チョイ上で上昇余地あり。
直近の日足はゴチャっとした感じ。

そして4時間足。
1.1840から長い陽線で一気の上昇で1.2091で取引終了しました。

これまで上は1.2100で止められてました。
現状はその近くで週が終わり、翌週どうなるかと言った感じです。

超えたらブレイクで買い。
ただしダマシも考慮し短期足でリスクリワード設定します。

下は高値と安値の切り下げが確定すれば売り。
1.1850近辺まで下降したら反転上昇で買い。

基本は買い優先で考えます。

今後のトレード方針

ユーロドルは様子見。
米ドル円とユーロ円はポイント絞って下から買い、上から売り。
ポンドドルは買い優先で検討。

早くもボラティリティ大き目な相場環境。

今週も米CPIという、大きく動く指標発表があります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました