米雇用統計では大きな動きなし|3月のトレード成果

週末に米雇用統計という大きな経済指標の発表がありました。
けっこう悪い数字がでたのに、値動きはそれ程ではありませんでした。

そろそろ新型コロナウイルスのリスクも、織り込まれたのかもしれません。

それとも大ケガしたくないと、皆がトレードを控えたんでしょうか。

2020年3月30日から一週間のFX相場私的考察

3月はボラティリティの大きな一か月でした。

勝ちも負けも、これまでとは全然違う大きさでした。

ユーロドル日足チャート

2020年4月4日ユーロドル日足チャート

特にもめる事もなく、まっすぐ落ちていきました。
週替わりで上昇と下降を繰り返している感じです。

取引終了のレートは、過去に上昇に転換した水平ライン近辺で止まって下ヒゲで終了。
まずはこのライン1.077を下抜けてくるかどうか。

跳ね返されたまま上昇するようなら、高値確定まで様子見。
横に動くようなら、下方向目線はキープのまま。

すんなり下抜いての下降なら、直近安値の1.06349までの下降をみています。

日足では下方向優勢の目線のままでいます。

ユーロドル1時間足チャート

2020年4月4日ユーロドル1時間足チャート

波を作りながら下降を続けたチャート形状になってます。
キレイな形とは言えませんが、横に揉めてから下降するの繰り返しでした。

取引終了間際の動きも、横に揉めているような感じです。
週明けも揉めるようなら、1.077の水平ラインブレイクを狙った売りトレードを考えます。

1.082を上に抜けたら高値確定まで様子見。
1.082で下に返されたら1.077まで売ってみるのもアリです。

ですが値幅が狭いので、1.077ブレイクのチャンス待ちにしときます。

短期足で1.082から1.077の間のレンジトレードという手もあります。
ちょっと忙しそうなので、私はパスします。

米ドル円日足チャート

2020年4月4日米ドル円日足チャート

これまでの変動幅に比べれば、おとなしく動いた印象の一週間でした。
上下に動きましたが。200PIPSくらいの変動幅でした。

日足では安値切り上げを確定させました。
ひとまずは上目線優勢で見ています。

直近の高値が111.70近辺。
ここまでは上昇するかも知れません。

111.70に届かずに高値切り下げを確定させたら、下目線に切り替える予定です。
週の終値から下降をして、安値切り下げを確定しても下目線に切り替え。

目線だけキープで、日足でのトレードは考えていません。
トレードは4時間足以下で考えます。

米ドル円1時間足チャート

2020年4月4日米ドル円1時間足チャート

上昇のダウをキープしている状況です。
107.80を下抜くまでは、基本的には上方向へのトレード優先に考えます。

上に動いたとしても、108.73で抑えられると考えています。
そこから横に揉めてからの上方向が理想です。

止まらずにすんなり上抜いていったら、戻りを待っての買いトレード。
下に動いたら安値確定後の押し目買い。

107.80を下抜いたら、106.89までは売りトレードで考えています。

106.89から108.70の間で動いていますので、このレンジが続く事も想定しています。

今後のトレード方針

米ドルの強い環境が続いています。
ですがアメリカの感染状況やファンダメンタルズをみると、いつ米ドル売りに変わってもおかしくなさそうです。

目先は米ドル買いでいきますが、円買い局面になる想定も忘れずにいます。

2020年3月のトレード成果

プラス  1183PIPS
マイナス 1159PIPS

トータル プラス 24PIPS

スワップ狙い口座とハイレバ口座で、あれこれトータル800PIPS弱のマイナス。

やっちまった・・・と思いましたが、いつも使ってるデイトレ口座でなんとか取り返せました。

金額的にはあとちょっと足りませんが、よくここまで戻せたとホッとしてます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました