FOMC後から米ドル買いの相場環境ですが、ドル円の伸びはイマイチ

FOMCの結果とパウエルFRB議長の発言を受けて、米ドル買いが強くなりました。
緩和縮小と利上げ前倒しが意識されたようです。

このまま米ドル高相場になるのか、単なる調整で終わるのか。

スポンサーリンク

2021年6月14日から一週間のFX相場私的考察

先週の考察に書いた通り、気配のあったユーロドルとユーロ円が下方向に動きました。

FOMC前に売っておいて正解。
たまに予想以上のラッキー当たりがでるので、ルール以外のギャンブルトレードは止められない。

ただ、かなり小ロットでやってるので、ハマった時はちょっと未練が・・・

ユーロドル4時間足チャート

2021年6月20日ユーロドル4時間足チャート

取引開始早々横横だった流れが、FOMCで一気に下方向へ。
日足までは安値切り下げが確定しています。

週足では高値切り下げですが、安値はまだ更新してません。
それでも勢いは下方向でしょう。

売りトレードで考えますが、もう少し落ちると1.1800です。
反転上昇も考えられるので、大きな戻りを待ちたいと思います。

ここまでの下降は、フラッグを形成してから落ちるの繰り返し。
戻りが無かった場合はチャートパターン待ちで。

1.1800を目標に、リスクリワードが見込める状況でトレードを考えます。
1.1800で止まらずに一気に落ちていった時は、売りチャンス待ちの様子見で。

米ドル円4時間足チャート

2021年6月20日米ドル円4時間足チャート

強い米ドル買いで上昇していきましたが、週後半には落とされています。
FOMCでの上昇分は、ほとんど戻されています。

111.00が重たそうですが、目線もダウも上方向。
上昇のダウが継続中な限りは、買いトレードだけで考えていきます。

現状のチャート形状でも押し目になってます。
取引開始早々に上昇したら、次の押し目待ち。
下降したら再上昇待ち。

週明け早々の飛び乗りは止めておきます。
109.00を下抜くまでは買いだけでいきます。

ユーロ円4時間足チャート

2021年6月20日ユーロ円4時間足チャート

ユーロ円がやっと大きな押し目になりました。
強い下降ですが月足・週足では、もっと落ちていかないと上昇のダウは崩れません。

日足では目線が下になりましたが、週足ではまだ上目線です。

週足ならそろそろ押し目買いのチャンス。
日足なら戻りを待ってから売りたいところ。

そこで直近の流れを考慮して、132.50付近までは売りで考えたいと思います。
飛び乗りはせずに、目立つ戻りを待ってからトレード検討します。

大きな流れが上目線なので、売りでエントリーしても早めの利確で考えています。

ポンドドル4時間足チャート

2021年6月20日ポンドドル4時間足チャート

レンジを抜けて下降しています。
目の前に昨年の最高値1.3685も見えてきました。

ここを下抜いていくようだと、週足でのダブルトップが見えてきます。
反転上昇なら、3度目の高値更新チャレンジになるかも。

週足では上昇のダウ、日足ではダウは崩れて下目線。
直近の勢い重視で、昨年最高値を目標にした売りで考えていきます。

まずは、しっかりした戻りかチャートパターンからの売り。
昨年最高値付近では反転買いも候補に。

1.4100までは売りをメインに考えていきます。

ユーロドル・ユーロ円・ポンドドルは売り重視。
米ドル円は買い重視。

極端な動きの一週間でした。
落ち着いてからトレードしたいので、どの通貨ペアもまずは様子見。

押し目や戻り、チャートパターンを待ちたいと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました