円売りが続き米ドル円は一時122円台、クロス円も上昇が続きます

各国が金融引き締め方向に進むなか、日本は金融緩和が継続中。

金融政策の違いが相場環境に明確に反映されてます。

米ドル円は一時122円台。
円売りが強い相場環境が続いてます。

スポンサーリンク

2022年3月21日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年3月27日ユーロドル4時間足チャート

1.1050から1.0950のレンジで一週間が終わりました。
動きも小さくなり、方向感はますます微妙な感じです。

トレードはレンジを抜けてから。
前回考察から引き続き、1.1185までは売り重視で考えています。

上昇時は様子見で反転後の下降ダウで売りエントリー。
直近最安値の1.0800付近では反転注意。
下抜けなら売りチャンスを待ちます。

上昇が強かった場合は1.1185を超えたら方針再検討で。

米ドル円4時間足チャート

2022年3月27日米ドル円4時間足チャート

引き続き上昇の一週間でした。
しかし122.42で止められて、最近では一番深い押しになってます。

再度上昇していますが高値は更新してません。
これもここ最近ではなかった状況です。

ここまでの3週間で約700PIPSの上昇。
そろそろ週足で陰線になってもいい頃合いです。

ですが相場環境は円売り強し。
トレードはこのまま買いだけで検討していきます。

押し目買いがメインになります。
ですが念のため121.14を下抜いたら、再度超えるか上昇ダウまで様子見します。

ユーロ円4時間足チャート

2022年3月27日ユーロ円4時間足チャート

節目ラインでの売りを狙った一週間。
唯一「フラッグなら買い」と想定していた状況になりました。

その後、狙いのラインから下降しましたが、調整下降で押し目となり再上昇。
134.74まで高値を伸ばしています。

米ドル円と同じく円売り強しです。
しかしこちらも高値付近で足踏み状態です。

売りも捨てがたい価格帯です。
しかし米ドル円と同じく、トレードは買いを優先に検討していきます。

すんなり高値越えなら押し目待ち。
下降中は待ちで132.30までは買い優先。
ここを下抜けたらダウの確定待ちにします。

ポンドドル4時間足チャート

2022年3月27日ポンドドル4時間足チャート

フラッグからの上昇で1.311から1.330に達しましたが再下降。
下降後は1.316から1.322のレンジの中にいます。

明確なダウにならず反転後も戻りなしでトレードチャンスなし。
様子見の一週間となりました。

明確な流れが出るまではレンジと見ます。
レンジと見るのは1.330から1.300の間。
節目ラインでの反転は売りでも買いでも短期足で。

レンジを抜けたら抜けた方向についていきます。

上抜けなら1.345付近での反転注意。
下抜けなら伸びそうな予感が・・・

今後のトレード方針

ユーロドル・ポンドドルはレンジ想定。
売り重視でも流れが出てからトレード。

米ドル円・ユーロ円は買い重視。
ですが、そろそろ大きめの押し目も頭の片隅に。

今の円売りの流れについていくだけです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました