米ドル高と円高の関係で米ドル円は狭いレンジのなかにいます

ドル高方向に動いていますが、方向感が出たようには見えません。

まだリスクオフ相場だと思いますが、米ドルと円が共に強い印象です。
すんなり円高方向には動かなくなってきました。

ユーロは相変わらず弱いままです。

2020年4月20日から一週間のFX相場私的考察

小刻みな利確をと考えながら、あまりにも簡単にプラス方向に動くため欲張りすぎた一週間でした。

エントリーしてすぐに20PIPS弱の利益がのるので、伸ばそうと放置してたら建値決済。
こんなトレードが4~5回ありました。

結果、損切りの方が多くてマイナス収支・・・

ユーロドル日足チャート

2020年4月25日ユーロドル日足チャート

下方向に勢いをつけるかに見えましたが、金曜日に戻してしまいました。
直近安値を下抜きましたが、ヒゲで戻している状況です。

来週に上昇するようなら、1.0987近辺までを目安に見ています。
下降勢いをつけるなら、上昇しても1.0878くらいだと想定します。

ローソク足の本体が1.0777を下抜いて確定したら、下目線で狙ってみます。
それまでは、日足ではレンジ相場だと考えて短期足でトレードしていきます。

ユーロドル1時間足チャート

2020年4月25日ユーロドル1時間足チャート

1.0815を下限のレンジを下に抜けて、1.0726まで下降していきました。
取引終了にかけての上昇で、1.0815付近まで戻ってきています。

直近では高値更新で、上昇のダウを作っています。
上目線のトレードでいきたいところですが、少し前の長めの上ヒゲも気になります。

週明け早々の動きで上昇なら、1.0846付近での動き方次第。
短期足をみて押し目買いか、反転売りかを考えてみます。

下降なら直近安値を下抜いたら、戻り売りのチャンス待ち。
直近安値付近で止まりそうなら、押し目買いかブレイク売りのタイミング待ち。

どちらの方向でも、細かな利確で考えています。

米ドル円日足チャート

2020年4月25日米ドル円日足チャート

上にも下にも向かわずに、横方向に動いていた一週間です。
米ドルとユーロにはさまれた感じでしょうか。

約100PIPSの間をウロウロしている状況です。
上は108.00、下は107.00を明確に抜けるまでは日足では様子見です。

米ドル円1時間足チャート

2020年4月25日米ドル円1時間足チャート

1時間足では、日足より少し狭めのレンジの中を行ったり来たり。
このレンジを抜けるまでは、上からは売りで下からは買い。

今週同様に、来週以降もレンジ狙いで考えています。

明確な動き方が見られたら、その方向についていく感じでしょうか。

今後のトレード方針

円高方向という考えに変わりはありません。
ですが米ドルも強いため、米ドル円が素直に下方向とはいってません。

来週は重要イベントが目白押しです。
急な動きに注意しながら、大きなトレンドになるのを待ちたいと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました