ジャクソンホール以降は利上げ時期後退の思惑から米ドル売りの展開に

注目された週末のジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演。

大方の内容は、テーパリングは年内開始もあるが利上げ開始は別との認識でした。

そのため金利引き上げ時期が後退するとの思惑からか、米ドル売りが進む展開となりました。

スポンサーリンク

2021年8月23日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル、ユーロ円、ポンドドルは上昇しそうな雰囲気です。
米ドル円は、何とも言えないチャート形状になりました。

ユーロドル4時間足チャート

2021年8月29日ユーロドル4時間足チャート

1.1800付近まで上昇しています。
ここを超えてくれば、日足で上目線となり高値切り上げです。

勢いは上ですが、1.1800を超えるか跳ね返されるかを見てからトレードの検討をします。

超えてきたら押し目買いのチャンス待ち。
反転下降なら、下降のダウができてから売りを狙います。

反転下降の場合は1.1700付近から上昇に転じれば、日足での逆ヘッドアンドショルダーも見えてきます。
その時にはネックラインとなる1.1800での買い検討になります。

米ドル円4時間足チャート

2021年8月29日米ドル円4時間足チャート

110.22から109.47くらいのレンジになってます。
週末にドル売りが強くなり、長い上ヒゲ陰線で終了しています。

このレンジを抜けるまでは、短期足での反転狙いでいきます。
レンジを抜けたら、それぞれの方向へのトレード検討。

はっきりと方向が決まるまでは短期足中心にします。

ユーロ円4時間足チャート

2021年8月29日ユーロ円4時間足チャート

週足で見ると大きな上昇の一波に対して、深い押しを作っている状況です。
週足の上昇のダウ継続なら、ここから上方向に強く動いてもおかしくありません。

4時間足でも、上昇のダウを形成しながら129.80付近まできました。
ここを超えれば、日足での直近高値更新にも見えます。

ただ130.00が目の前にあり、日足ではハッキリした波に見えません。
なので買い検討は130.00を超えてからにします。

129.80で反転下降すれば、ダブルトップの可能性が出てきます。
落ちていくようなら、ネックラインとなる129.15付近での売りで検討します。

ポンドドル4時間足チャート

2021年8月29日ポンドドル4時間足チャート

1.3685で反転上昇して、直近高値を更新してきました。
これで日足での安値切り上げも確定しています。

陰線で終了していますので、このまま落ちるようなら1.3685での反転買い狙い。
上昇なら1.3790を超えてから、押し目買いで検討します。

ユーロドルとポンドドルとユーロ円は買い。
米ドル円はレンジ抜け待ち。

新型コロナはデルタ株だけでなく、ラムダ株という新たな脅威も出てきました。
さらに感染拡大するようなら、一気にリスクオフ相場になる可能性もあります。

ドル売りの勢いが本物かどうか。

まずは様子見からでも良さそうです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました