上下に大きく動いたユーロドルで大失敗|一週間のトレード成果

今週はFOMCの結果をみて大きく上昇、ユーロ圏の経済不安で大きく下落したユーロドル。大きく動いてくれてはいますがトレンドというよりも、これまで通り1.12から1.15のレンジのなかで動いている印象です。

スポンサーリンク

ユーロドル1時間足チャート

2019年3月23日ユーロドル1時間足チャート

日足では直近高値を超えて下降のダウは終了したのですが、1時間足では新たに下降のダウを形成しています。4時間足でも下降のダウは作られていますので、今の時点では下向きの流れが強いと思われます。

1時間足でみると1.130で調整の上昇を止められて週を終わったような形です。

ここで上値が抑えられて下降していくならば下降のダウも続いていく事になりますので、もう少し下方向に動いていく可能性が高いと思われます。

直近最安値は1.1175付近です。波を作りながらこの付近まで下降していくようなら、さらに最安値を作りに行く1時間足での下降トレンドも考えられる展開となりそうです。

一気の下降ならば一度反発上昇があると思いますのでその上昇の様子見となりそうです。レンジ相場ならばそのまま上昇を続ける可能性もありえます。

日足はこれまでの下降のダウが崩れてはいますが上昇のダウは出来ていない、4時間足と1時間足では下降のダウが形成され始めている。

まだどちらの方向にも動く要素はありそうです。ひとまずは下方向へのトレードのほうが有利のような印象です。

2019年3月18日から一週間のトレード成果

プラス   0PIPS
マイナス 121PIPS

トータル マイナス 121PIPS

FOMC後に1.140を超えてきたので買いエントリーしていました。週終わりまで様子見してどうするか判断するつもりでした。

金曜日の朝時点で40PIPS弱のマイナスがでていたので損切りしようと思っていたのですが、ちょっと戻しかけていたので仕事から帰ってから対応するかと呑気にかまえていたら、17時台だけで100PIPS近いマイナス。

チャートをみる時間が少なくなったので最近スイングトレードをするようになったのですが、帰宅してチャートをみるまで100PIPSの急下降の事実を知りませんでした。

しばらくチャートを見つめていましたが何も変わらないので損切り。久々に大失敗しました。

コメント

スポンサーリンク