動かない相場環境が続きついつい欲深に、反省ばかりの一週間です。

相変わらず動かない相場が続いています。

リスクオフなら米ドルと円が買われ、リスクオンならそれ以外が買われる。

それも短い周期での繰り返しが続いています。

2020年7月6日から一週間のFX相場私的考察

今週からスタートするつもりだったユーロ円・豪ドル円・ポンドドルについては、テクニカルを使った手法でトレードしようと思っています。

現在過去検証中。

終わり次第、取り組んでみたいと思います。

ユーロドル日足チャート

2020年7月11日ユーロドル日足チャート

安値は少しづつ切り上がってますが、上に行くとヒゲで戻される。
100PIPS強の狭い範囲を行ったり来たりで終わった一週間です。

レンジ相場が続いています。
ここまで動きがないと、ユーロドルはデイトレードでもチャンスが少ないです。

4時間足以下では、安値切り上げでジリジリ上昇。
直近高値の1.14215は更新はしていません。

その前に1.1350でも、何度か上値を抑えられています。
ここを上に抜けるのか、抑えられて下降の繰り返しか。

上に抜けるまでは、レンジと見て反転売り狙い。
抜けたら次の高値1.14215まで様子見。

流れ(ダウ)ができるまで、今は待つしかなさそうです

米ドル円日足チャート

2020年7月11日米ドル円日足チャート

下降していきました。
週の終値で、107.00を下抜いてきました。

このまま勢いをつけて下降していくのか。
それともまた107.00台に戻って、高値更新のトライにいくのか。

まずは下降と想定しています。

下に向かったとしても106.00までと想定。
短期足で戻り売りチャンスを狙っていきます。

上に動いたら108.00までが目安。
基本は様子見で、短期足で押し目買いのチャンスがあったら考えます。

上に動いても下に動いても利確は小刻みに。
最大20PIPSまでを目安にしています。

とにかく無理なトレードはしないように

今後のトレード方針

ユーロドル、米ドル円ともに、大きな流れが出るまでは待ち。

トレードするなら短期足で、小刻み利確でいきます。

今週の反省点

9年近くユーロドル・米ドル円でトレードしてきた者としては、動かない相場は慣れています。

ですが直近でコロナ相場を経験して、「そろそろ伸びるか」と欲深くなってました。

今週は6連敗

5分足でトレードしているのに、4時間足の利益を求めてしまいました。

15PIPSで利確していれば勝てたトレードばかり。
エントリー後すぐに逆行は一度だけ。

先週の考察で「小刻みに利確」と決めていたのに、つい・・・

欲深さが招いた連敗でした。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました