リスクオフ相場で米ドル円は一直線に落ち続けています。

先週からのリスクオフ相場が続いています。

ユーロドルは上方向、米ドル円は下方向へ一直線です。
個人的希望としては、そろそろ一休みして欲しいところです。

来週も元気に一直線でしょうか。

2020年3月2日から一週間のFX相場私的考察

今週はちょっと警戒しすぎて、小刻みなトレードばかりになってしまいました。

そして、ほったらかしの長期保有用口座のランド円が大変なことに・・・

ユーロドル日足チャート

2020年3月7日ユーロドル日足チャート

強い上昇を続けた一週間になりました。
リスクオフらしくユーロ高、ドル安で動いています。

水曜日に陰線でしたが、のこり4日は陽線でした。
直近高値の1.1238もローソク足の実体で上抜いて取引終了です。

次の目安となる高値は1.1411、その次は1.1447になります。
この辺までの上昇は考えておこうと思います。

ここまで日足レベルでは、目立った押し目が作られていません。
金曜日の上ヒゲが長めなので、そろそろ押し目が作られてもよさそうなところ。

ユーロドル1時間足チャート

2020年3月7日ユーロドル1時間足チャート

下向きに動き出して取引終了しています。
取引終了時点でのレート近辺で、下降が何度か止められています。

週明けに更に下降するようなら、日足での押し目に繋がるのか様子見。
そのまま上昇なら、短期足での買いトレードチャンス待ち。

1.1350近辺までの上昇を見込んで、押し目やフラッグなどのチャートパターン待ち。
ポジションを持ったまま1.1350を上抜いたら、そのまま1.145を目標にしてみます。

米ドル円日足チャート

2020年3月7日米ドル円日足チャート

今週も300PIPSほど下降していきました。
直近高値から見ると、700PIPS近くの下降です。

気になるのはユーロドルもそうでしたが、目立った戻りを作っていない事。
このままズルズル下降していく事も考えられますが、どうしても気になってしまいます。

次の安値は104.443になります。
ここまでの下降はあると思っています。

104.443近辺まで落ちてから、戻りを作る上昇を始める。
現時点では、このようなシナリオで考えています。

ここをあっさり下抜くようなら、100.00までの下降も視野に入れなければならないかも知れません。

米ドル円1時間足チャート

2020年3月7日米ドル円1時間足チャート

形だけを見てみると、横方向にフラッグのように動いています。
ブレイクするとしたら下方向、そんな感じです。

そうなってくると、日足での戻りもまだ作られないという事になりそうです。

週明けにいきなりの下降ではなくしばらく横方向なら、ブレイクからの売りトレード狙いでいきたいと思います。
その時は104.40までの下降を目標にしていきます。

今後のトレード方針

このリスクオフ相場が何時まで続くのか。

大底を狙いたい気持ちもありますが、しばらくは円高方向へのトレードが無難かもしれません。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました