リスクオフで円買い後は金融緩和継続で円売りと動きまくった米ドル円

リスクオフで円買いが強くなり下降。
日銀の金融緩和継続発表で円売りの上昇。

下に上にと米ドル円が大きく動きました。

スポンサーリンク

2022年4月25日からの動きと今後のFX相場私的考察

ここの所トレードは米ドル円の押し目買いだけ。
この週もその通りとなりました。

ただ130円で止まる想定でトレードしたので、ポジションは130円手前ですべて利確。

一気に131円越えとは・・・

ユーロドル4時間足チャート

2022年5月1日ユーロドル4時間足チャート

取引再開早々に1.0800を下抜いて、そのまま1.0465まで下降。
少し戻して1.0540で取引終了でした。

週足の直近安値を下抜きました。
次の安値は月足・週足ともに1.0339となります。

現在の安値1.0465は、月足で見ても反転ポイントになり得ます。
ですが今の米ドルの強さを考えると下方向優位に見えます。

トレードは引き続き売り優先。
1.0800までは戻り売りのチャンス待ちとします。

唯一の買い検討は1.0465付近と1.0339付近での反転時。
短期足でリスクリワード設定してのトレード限定とします。

米ドル円4時間足チャート

2022年5月1日米ドル円4時間足チャート

まずはリスクオフで下降していきました。
しかし改めて金融緩和継続の姿勢が確認され、米ドル円は上方向の勢いが強くなります。
127.00付近から131.24まで400PIPS以上の上昇を見せました。
流石に利確も多かったのか、129.74まで押して取引終了です。

陽線続きの週足ですが、この勢いに逆らう材料は特になし。
135円までは上昇アリと見てトレード方針を検討します。

基本線はこれまで通りの押し目買い。
127円を下抜いたら買い優先での様子見。

上値目標は132円。
ここでは一度止められる想定でいます。

何にせよ、ファンダメンタルズが変わらない限りは買い一本。

ユーロ円4時間足チャート

2022年5月1日ユーロ円4時間足チャート

取引再開直後はリスクオフの米ドル買い・円買いが強くなった状況。
この影響で一時は134.76まで落ちていきました。
ちょっと下向きの勢いが強かったので、ここまでは様子見となりました。

このあと日銀の姿勢が分かると一転上昇。
今度は上方向の勢いが強くて乗り遅れでした。
結局138円付近まで上昇して、少し押して136.91で取引終了しました。

ユーロ円も日銀の姿勢次第。
変更が無い限りは、基本的には買いで検討します。

ですがリスクオフでの押しが強くなる可能性も考慮します。

再開後即上昇なら、リスクリワード設定で138円ブレイクアウト狙い。
反転下降なら様子見で、再反転からの上昇ダウで買い。

売りを検討するポイントを変更。
ファンダメンタルズを考慮し、昨年最高値の134.11を下抜いたら考えます。

ポンドドル4時間足チャート

2022年5月1日ポンドドル4時間足チャート

戻りを待ってから検討予定だったポンドドル
リスクオフの米ドル買いが強く、1.2410まで目立つ戻りなく下降。
またもチャンスなしの一週間でした。
最後に戻りを見せて、週の終値は1.2570となりました。

米ドル買いの勢いを考え、1.3000までは戻り売りで検討します。
直近安値の1.2410付近では反転上昇に注意。
ここを抜け落ちたら戻り待ちとします。

途中何度か止まるでしょうが、1.2100までは大きな反転ナシと想定しています。

今後のトレード方針

ユーロドル・ポンドドルは売り。
米ドル円・ユーロ円は買い。

日本はゴールデンウィークです。
本邦勢の動きが無くなりますが、世界的には動く要素満載。

特に要人発言には要注意です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました