勢いが弱くなりそうですが円売り相場に変わりなし

ポンドが売られました。
ポンドドルは金曜日だけで200PIPS近い下降。

米ドル円は上げましたが130円手前でストップ。
ユーロ円は140円まで上昇。

変わらずの円安ですが、ポンドも弱くなってます。

スポンサーリンク

2022年4月18日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年4月24日ユーロドル4時間足チャート

1.0800周辺をウロウロしながら横へ。
1.0933まで急上昇してから1.0769まで下降。
週の終値は1.0794で、1.0800周辺で一週間を過ごした感じです。

米ドルが強い相場環境ですが、1.0800は手強いサポートラインになってます。
ですがトレード方針はこれまでと変わらず売りだけで検討します。

上昇中は待ち。
1.0950付近で反転なら売りもこれまで通り。
超えてきたら様子見後に再考します。

1.0800付近では反転上昇を見込んで決済。
抜け落ちたら下方向優勢が確認出来てから売り場探しします。

米ドル円4時間足チャート

2022年4月24日米ドル円4時間足チャート

上昇が続いたのは想定通り。
しかし上値は想定の130.00ではなく、だいぶ手前の129.40で止められました。
そこから127.45まで落ちましたがジワジワ上昇。
128.48で取引終了しました。

4時間足では大きめな押しになりましたが、週足は今回も陽線で終了しました。

まだ上方向優勢と見ますが、130.00での動き方を見てから決めたいと思います。

まず下に動いた場合。
127.50近辺までは押し目買い狙い。
ここを抜け落ちたら、戻りを見てから再考します。

上方向は130.00で止められる想定でいます。
エントリーは130.00を目標にリスクリワード次第とします。
簡単に超えてくるなら様子見から買い場探しです。

ユーロ円4時間足チャート

2022年4月24日ユーロ円4時間足チャート

137.47をブレイク後に買いとの方針でいました。

その通りの動きで139.67まで上昇。
そこから押し目で138.38まで下降。
再上昇で139.99まで上値を更新しました。

その後は再下降で138.24へ。
138.77で週の取引終了でした。

139でエントリーできたんですが、損切り建値でほったらかしが裏目に。
プラス100円で終わりました。

上方向優勢に見てますが、押し安値を下抜いているので基本は待ち。
137.50付近で反転があれば押し目買い狙いでいきます。

140.00ではもう一度止められる想定でいきます。
エントリーはここを目標のリスクリワード次第。
ポジション保有で140まできたら、決済かキープかは状況次第とします。

売りを考えるのは137.50を下抜いてから。

ポンドドル4時間足チャート

2022年4月24日ポンドドル4時間足チャート

1.2979まで落ちてから1.3089まで上昇。
そこから下向きの勢いが強くなり、1.2822まで下降してます。
週の終値は1.2831となってます。

前回考察通り1.3000ブレイク後の戻り売りを狙ってました。
ですが、ここまでの一気落ちでは何もできませんでした

この後もしばらくは何もできず。
トレード方針は安値確定後の戻り方次第です。

今後のトレード方針

ユーロドルは売り。
米ドル円とユーロ円は買い。
ポンドドルは安値確定待ち。

まだまだ円売りで問題なしと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました