米ドルの供給量が増えてドル安方向に動いた一週間でした。

ドル安に動いた一週間でした。

ボラティリティも小さくなって、方向感も微妙になってます。
今後もファンダメンタルズ次第でどちらにも動きそうです。

明確なポイントにくるまで待つことが大切です。

あせりは禁物。

2020年4月6日から一週間のFX相場私的考察

週の前半は、微妙なところでトレードしては負けの繰り返し。

そのため週後半は一切トレードしませんでした。

ユーロドル日足チャート

2020年4月11日ユーロドル日足チャート

一週間ごとに上昇と下降を繰り返していました。
今週は上昇の番でしたが、ものの見事に上昇しました。

先週までとの違いはボラティリティが小さく、上昇幅も小さくなりました。

意識されているライン1.077で跳ね返されて上昇しています。
安値の切り上げを確定しましたが、高値も切り下げています。

来週そうそうから下降を始めると、ペナントのようになります。

上昇ならば1.105まで届くかどうか。
届いたとしても、そこから下降すればペナントになりそう。

どちらにせよ、だんだんとパワーをため込んでいる感じです。

1.118を超えるまでは、下方向の目線で考えています。

ユーロドル1時間足チャート

2020年4月11日ユーロドル1時間足チャート

金曜日が休場の国が多かったので、1.091から1.095の間を方向感なく動いていた印象です。

いちおう上昇のダウは継続中なので、1.095を上抜いたら押し目買いチャンス待ち。

1.091付近まで下降してから反転上昇なら、1.095を目標に買いエントリー。

1.091を下抜いたら安値確定まで様子見。

明確な動きが出るまでは、お試しの小ロット数でいきます。

米ドル円日足チャート

2020年4月11日米ドル円日足チャート

月曜日の上昇分を残り4日で戻しました。
高値切り下げを確定させたので、下目線に切り替えていきます。

ただし下降の勢いは強くはありません。
フラッグに見えるような下降の仕方です。

高値切り下げはしていますが、安値も切り上げている。
正直、上昇するように見えます。

直近安値は106.89。
ここを下抜いたら、日足での売りトレードを考えます。

上昇なら直近高値109.37までは、下目線でもトレードはなし。
上抜いてから短期足での買いトレード。

反転下降したら、やはり短期足での売りトレード。
106.89近辺まで下降したら、反転もあるので様子見。

日足の安値が確定するポイントまでは、短期足でのトレードでいきます。

米ドル円4時間足チャート

2020年4月11日米ドル円4時間足チャート

4時間足もフラッグに見える動きかたです。
形だけ見ると、上昇しそうなチャート形状です。

108.00を下抜くまでは、上目線でもいいかも知れません。
完全な上目線にするのは、109.37を超えてからでしょうか。

4時間足も日足も上にいきそうなフラッグ。
どちらとも目線は下方向。

方向性が明確になるまでは、短期足でちょこちょこトレードします。

今後のトレード方針

ドルの供給量が増えて、ドル安方向に動いています。
その時その時のファンダメンタルズ要因で、方向性はガラッと変わります。

ボラティリティも小さくなってきたので、しばらくは短期足でトレンドが出ているところを狙っていきます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました