ユーロドルが再びレンジのなかへ逆戻り|一週間のトレード成果

スポンサーリンク
2019年1月7日からのユーロドルチャート トレード

1,150を上に抜けていき上昇トレンドを作るかと思われたユーロドルですが、思っていたよりも早く1.150より下に戻ってきてしまいました。

今後のユーロドルへの対応と一週間のトレード成果を記していきます。

2019年1月7日から一週間のトレード成果

プラス  68PIPS
マイナス 57PIPS

トータル プラス 11PIPS

ユーロドル1時間足チャート

2019年1月7日からのユーロドルチャート

もう少し1.160に近づくか、1,160を少し上抜いてから押し目を作るのではないかと想定していたので、思ったよりも早い下降にちょっと対応しきれませんでした。

押し目買いでトレード戦略を立てていたので前半は損切りが続いてしまいましたが、週後半に戻り売りでのトレードに変更して何とか取り戻すことができました。

自分で立てたトレード戦略にこだわりすぎると損失が大きくなります。チャートをみてその時のチャートの形に逆らわないトレードを心がけるようにしています。

きっとこう動くという予想ではギャンブルと同じです。確率の高い方向への投資をしていく事が大切です。

1時間足チャートでは下方向のダウが形成されている状態で一週間を終わりました。終値も1,1460付近ですので以前の1,130から1,150のレンジのなかに戻っています。

4時間足をみても日足をみても下方向への強さが見受けられます。でも日足は直近高値の切り上げが確定しています。でも4時間足は高値の切り下げが確定しました。

ちょっと売りも買いもやりにくいチャート形状です。ただ週足以上の長期ではまだ下方向でしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

来週前半は戻り売りがメインのトレードになると思います。ただそれまで上にも下にも中々抜けることができなかったレンジを一度はブレイクしていますので上方向への注意も忘れないようにしていきます。

補足ですが以前に1,130を下に抜けた時も1,120付近からヒゲで戻って元のレンジになりました。今回の上に抜けた場面と上下が逆なだけでよく似ています。

コメント

スポンサーリンク