ヘッドアンドショルダーを使ったエントリールールの基本形

ヘッドアンドショルダーは、トレンドの転換点に現れやすいチャートパターンです。

チャートの形が漢字の山のようになり、その形を人間の肩と頭に見立てて名付けられたようです。

日本では三尊と呼ばれたりもします。

私が取り入れている、ヘッドアンドショルダーのエントリールールの基本形を紹介します。

FXに真剣に取り組む方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ヘッドアンドショルダーとは

ヘッドアンドショルダーとは、高値圏で見られる三つの山の形をしたチャートパターン。

底値圏で見られるときは、逆ヘッドアンドショルダーヘッドアンドショルダー・ボトムと呼ばれます。

ダブルトップは成立した直後にダブルボトムを作り、長期の時間足で見るとフラッグやペナントになっている事もあります。

対してヘッドアンドショルダーは、成立すればトレンド転換するケースが多いチャートパターンです。

実際のチャート図がこちらです。

実際のヘッドアンドショルダーのチャート図


過去の米ドル円のチャートです。
ヘッドアンドショルダー成立後の下降は、ヘッドアンドショルダー直前の上昇分以上に落ちていってます。

ヘッドアンドショルダーが成立した時間足より長期足でみると、下降途中で作られた調整の上昇の頂点がヘッドになりました。

ヘッドアンドショルダーのエントリールール

ヘッドアンドショルダーを例に説明していきます。
ヘッドアンドショルダー・ボトムの場合は、真反対に見て下さい。

スタンダードなヘッドアンドショルダーのケース

ヘッドアンドショルダーは、それまでの上昇トレンドが転換する時に現れるチャートパターンです。

トレンド転換直後のエントリーとなりますので、下降のダウが確定するのを待つのがベターです。

スタンダードなヘッドアンドショルダーのエントリールール

ネックラインブレイク()で即エントリー。
下降のダウは確定なので状況次第でOKです。

その条件とは、上位足で下方向優位な状況である事。

基本はネックラインがレジスタンスラインとして機能する事を確認してから。
ネックラインでの戻り売りでトレードしていきます。

ネックラインの傾きが違うヘッドアンドショルダーのケース

ヘッドアンドショルダーには、ネックラインを構成する二つの安値が存在します。
その安値が切り下げているか、切り上げているかによってエントリールールが変わります。

ネックライン切り下げ型

左肩完成時の安値よりも、右肩スタートの安値の方が低くなる。
ネックライン切り下げ型は、早い段階で下目線になり下降のダウが形成されます。

そのため、エントリーも早めに考えていけるケースが多くなります。

その①

ネックライン切り下げ型のヘッドアンドショルダーで、二つのネックラインどちらでも止まらずに落ちていったケースです。

ヘッドアンドショルダーのネックライン切り下げ型その1

右肩ネックラインが確定すると下目線が確定します。
その後に右肩の頂点が確定したら下降のダウも確定です。

上位足が下方向優位の条件付きで、右肩頂点での戻り売り()は狙えます。
ただこれは、ヘッドアンドショルダーのエントリーとは言えません。

ヘッドアンドショルダーを狙う時はやはり、ネックラインでの戻り売りが基本形。

さらに下降のダウが確定した後にトレードするのがベスト。
それを考えると、右肩ネックラインブレイクか戻り売りという選択になります。

その2

ネックライン切り下げ型で、右肩ネックラインのラインで跳ね返された時のケースです。

ヘッドアンドショルダーのネックライン切り下げ型その2

下目線であり下降のダウでもあります。
右肩頂点での戻り売り()は先程と同じ。

右肩ネックラインで跳ね返された後は、左肩ネックラインがレジスタンスラインとして機能したら戻り売りでトレードしていきます。

もう少し安全策をとりたいなら、右肩ネックラインをブレイクしてからトレードします。

ネックライン切り上げ型

左肩完成時の安値よりも、右肩スタートの安値の方が高くなる。
ネックライン切り上げ型は、下降のダウが成立しても上目線のケースが多くなります。

優位性を考えると、目線が下になってからトレードする方がベターでしょう。

その①

まずはネックラインが切り上がり、右肩からの下降が左肩ネックラインで跳ね返されたケース。

下目線になるタイミングは、安値(左肩ネックライン)を下抜いた時になります。

ヘッドアンドショルダーのネックライン切り上げ型その1

左肩ネックラインを下抜けるまでは上目線です。
トレードは上方向優位になります。

そのため右肩ネックラインのブレイクや戻り売り()を狙うのは、上位足で下方向優位の状況のみ

早くても左肩ネックラインブレイク)でのトレードから検討していきます。

できれば左肩ネックラインか安値Ⓔでの戻り売りがベストです。

その②

ネックラインが切り上がり、右肩からの下降が二つのネックラインどちらでも止まらなかったケースです。

「その①」と同じで、下目線になるのは安値を下抜いた時です。

ヘッドアンドショルダーのネックライン切り上げ型その2

右肩からの下降が、右肩ネックラインをブレイクしたら下降のダウ確定
ここでのエントリー()は、まだ上目線であるため上位足の優位性次第

まずは下目線に変わる左肩ネックラインブレイクでのエントリーで検討します。

ただしここでも、上位足の優位性次第

左肩ネックラインでの戻り売り)を一番に考えていきます。

トレンド継続型のヘッドアンドショルダーのケース

トレンド継続型のヘッドアンドショルダーとは、下降トレンドで調整の上昇中に形成されるヘッドアンドショルダーの事です。

このケースでも基本的にはネックラインでの戻り売りで考えていきます。

トレンド継続型のヘッドアンドショルダー

ですがこのケースでは、下降トレンドの波の中という事もありネックラインブレイクでのエントリーも狙える状況ではあります。

ネックライン切り下げ型

トレンド継続型でネックライン切り下げ型のケース。
このケースでは、ダウも目線も下方向を向いている時間が長くなります。

考え方の基本は、スタンダードなヘッドアンドショルダーの切り下げ型と同じです。

トレンド継続型のヘッドアンドショルダーでネックライン切り下げ型
  • 左肩ネックラインでの戻り売り
  • 右肩ネックラインブレイク
  • 右肩ネックラインでの戻り売り

このポイントでトレードを考えていきます。

ネックライン切り上げ型

トレンド継続型でネックライン切り上げ型のケース。
このケースは目線は上でもダウは下という状況。

目線とダウが下を向いてからトレードが基本線です。

トレンド継続型のヘッドアンドショルダーでネックライン切り上げ型

右肩ネックラインのブレイクや戻り売りでは、まだ上目線であるため上位足の優位性次第。
下目線になってからトレードと考えれば、

  • 左肩ネックラインブレイク
  • 左肩ネックラインでの戻り売り

ここでトレードを考えていきます。

ヘッドアンドショルダーすべてに共通する事。

これはヘッドアンドショルダーに限らず、すべてのチャートパターンに言える事です。

以下の3点は、エントリー前に再確認するべきポイントです。

  • 上位足で優位性のある方向
  • トレードする時間足の流れと目線
  • ダウ理論

相場は長期足の流れる方向に引っ張られる傾向があります。

たとえば

トレードする時間足が上方向に流れていて、上位足のトレンドが下方向だった時。
トレードする時間足も段々と、下方向への流れが強くなる傾向があります。
(注意)あくまで傾向です。絶対ではありません。

「上位足が上方向ならトレードも上方向」で考える。
「トレードする時間足が上目線」になったらエントリーする。

エントリーポイントが「上昇のダウで上に向かう推進波」であれば、勝つ確率がさらに上がります。

こういったポイントは、なかなか現れてくれません
だから「待つ事」が大事です。

トレードは、勝つ確率の高いポイントを探す作業の繰り返しです。

チャートパターン・ダウ理論・マルチタイムフレーム分析・各種ライン。
これらを勉強する理由は、勝つ確率を高めるために必要だからです。

まとめ

ヘッドアンドショルダーは、成立までのチャートの波が多いチャートパターンです。
最後のショルダーが成立するように見えて、途中で動きが変わる事も多々あります。

目安となる水平ラインで止まるのか、抜いていくのか

これを確認してからトレードする。
ヘッドアンドショルダーのエントリールールの基本形です。

応用エントリーは、上位足の優位性次第です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました