ヘッドアンドショルダーを使った初心者向けFXトレード手法がこちら

ヘッドアンドショルダーは、トレンドの転換点に現れやすいチャートパターンです。

チャートの形が漢字の山のようになり、その形を人間の肩と頭に見立てて名付けられたようです。

日本では三尊と呼ばれたりもします。

私が取り入れている、ヘッドアンドショルダーのFXトレード手法を紹介します。

ヘッドアンドショルダーを使ったトレード手法

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

ヘッドアンドショルダーとは

ヘッドアンドショルダーとは、高値圏で見られる三つの山の形をしたチャートパターン。

底値圏で見られるときは、逆ヘッドアンドショルダーと呼ばれます。

ダブルトップなどは成立した直後に逆のダブルボトムを作り、長期の時間足で見るとフラッグやペナントになっている事もあります。

ヘッドアンドショルダーが成立する時は、それまでのトレンドとは逆方向に動いていく事が多いです。

実際のチャート図がこちらです。

ヘッドアンドショルダーのチャート図


少し前の米ドル円のチャートですが、上昇分をヘッドアンドショルダー成立後にすべて戻して更に下降していきました。

長期足でみると、下降途中で作られた戻りの頂点がヘッドになりました。

状況別ヘッドアンドショルダーのトレード手法

基本的なヘッドアンドショルダーのケース

ネックラインが揃っている基本的なヘッドアンドショルダーの場合は、戻り売りのトレード手法でエントリーしていきます。

ヘッドアンドショルダーの基本的なエントリー方法

ネックラインを一度下抜いてから戻りの上昇を待って、その戻りがネックラインで止められて再び下降するのを確認できたらエントリーしていきます。

エントリーポイントからみると、直近安値を下抜いてはいない状況でのエントリーですが、下降のダウは形成されている状況です。

ダウ理論からも、下方向へのエントリーは有利なトレードになります。

きれいにネックラインが揃っているヘッドアンドショルダーは、上記のエントリーで問題ありません。

ですがネックラインが揃っていないヘッドアンドショルダーもあります。

以下は「ネックラインの傾き方によってのエントリーポイントの違い」をご説明します。

ネックラインが切り上げのヘッドアンドショルダーのケース

ネックラインが切り上がっているヘッドアンドショルダーの場合、二つ目のショルダーが形成されると高値切り下げになるのは基本形と同じ。

しかし安値はまだ切り下げが確定していない、上昇のダウが継続している状況になります。

この場合ネックラインを下抜いたところで、トレンドラインのブレイクアウト手法でのエントリーもありなのですが、私はお薦めはしません。

資金管理がしっかりと出来る方のエントリーはアリです。

以下の図をご覧ください。

ネックラインが切り上げのトレード手法

まずはレートが安値Ⓑを下回るのが確定するまで待ちます。

安値Ⓑは、高値を切り上げる事が出来なかった上昇の始点になります。

その安値Ⓑを下抜いていくという事は、今までの買いの勢力よりも、売りの勢力が勢いをつけ始めたという事になります。

エントリーポイント①

安値Ⓑの水平線がレジスタンスラインとなり、上昇が止められて下降していく事を確認。

そしてエントリーポイント①で、戻り売りのトレード手法でエントリーをしていきます。

損切りは安値Ⓑの少し上に設定します。

安値Ⓑを下抜いた時に下降のダウが成立しますので、トレードには有利な状況ではあります。

ですがその後の上昇で、高値を切り上げる可能性もあります。

損切りはしっかりと設定しましょう。

エントリーポイント②

安値Ⓑを下抜いてから戻りを作らずに、一気に下降していくケースもあります。

その際には、最高値を形成した上昇の始点となる安値Ⓐを下抜いたエントリーポイント②で、水平ラインのブレイクアウト手法でエントリーしていきます。

安値Ⓐは最高値を作った始まりのポイントです。

安値Ⓐから買いでエントリーしていった勢力も、損失を出さないために建値決済するにはここしかありません

安値Ⓐを下抜いていくと損失になります。

買い勢力の損切りも、この安値Ⓐの少し下という設定が多いと思います。

安値Ⓐを下抜くと売りが売りを呼び、下降の勢いが更に増していきます

資金管理に余裕のある方は、安値Ⓑの上に損切り設定してもいいのですが、基本は安値Ⓐの少し上です。

安値Ⓐを上抜いた時点で、エントリーの根拠がなくなります。

戻りを作った時には、安値Ⓐで引いた水平ラインで上昇を止められてから下降していくのを確認して、戻り売りのトレード手法でエントリーしていきます。

その際に、水平ラインがレジスタンスにならずに安値Ⓐを上抜いていってしまったら、安値Ⓑで上昇が止まるのを待ちます

ネックラインが切り下げのヘッドアンドショルダーのケース

ネックラインが切り下げているヘッドアンドショルダーの場合は、下降のダウが早く成立します

安値Ⓑを作った時点で安値切り下げが成立し、高値Ⓓを作ったところで高値の切り下げも成立します。

具体的なエントリー手法は、以下の図で詳しく説明していきます。

ネックラインが切り下げのエントリー手法
エントリーポイント①

下降のダウが形成された瞬間にエントリーします。

直近最安値Ⓑを下抜いたら、ブレイクアウト手法エントリーポイント①でエントリーしていきます。

安値Ⓑの水平ラインで反発上昇して安値Ⓒ作ったら、再び下降して安値Ⓑの水平ラインを下抜いてくるまでエントリーを待ちます

安値Ⓑの水平線を下抜いてすぐに戻りの上昇があった時は、損切りを安値Ⓑの少し上に設定して、最小限の損失に抑えるようにします。

エントリーポイント②

安値Ⓑの水平線を下抜いた時、エントリーしなかった場合は戻りの上昇を待ちます。

戻りを作った時は、安値Ⓑの水平線がレジスタンスとして機能するかを確認

ここで上値を抑えられて下降を始めれば、戻り売りのトレード手法でエントリーします。

戻りの勢いが強く安値Ⓑの水平ラインを上抜いていったら、安値Ⓐの水平ラインで上昇が止まるのか、まだ上昇を続けるのかを確認する事が大切です。

ちなみに

高値Ⓓから下降を始めたら、安値Ⓐを下抜いた時点でヘッドアンドショルダー成立を見越して〇(注)でエントリーしていくのもアリです。

エントリー後に安値Ⓐを上抜いたら、エントリーの根拠が無くなります。

逆ヘッドアンドショルダーの時は、逆に考えればOK

まとめ

ヘッドアンドショルダーは成立するまでに波が多いので、最後のショルダーが成立するように見えて途中で動きが変わる事も多々あります。

すべてのケースで黄色のラインのように、上昇トレンドを保ったまま上方向に行くケースも多いです。

目安となる水平ラインで止まるのか、抜いていくのかをきちんと確認してからエントリーしていく事が大切です。

そして形成されているダウと同じ方向へのエントリーが基本です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました