チャートにラインを引いて明確な根拠のあるトレードをマスター

FXでトレードをする時、相場分析のためにチャートにラインを引いていきます。

チャートパターンのトレード手法を使う時、必要になるのが今回紹介するラインです。

チャートパターンとラインの関係をみてエントリーの有無や利益確定、損切りの目安となるポイントが判断できます。

ラインの引き方と使い方

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

ラインの種類

チャートパターンが形成されていなくても、ラインを引いてダウ理論を当てはめればエントリーの判断はできます。

ダウ理論に関しては、こちらをご参照下さい。

ラインを基準としてトレードする手法をライントレードと言います。
各ラインの名称は以下の通りです。

水平ライン

目立った高値や安値、過去に何回か反転したレート。
キリのいい数字のレートなどに水平に引くライン。

水平ライン

レジスタンスライン
・上昇しているレートの上値を抑えるライン

サポートライン
・下降しているレートの下値を支えるライン

それまでレジスタンスラインだったものが、レートの変動によりサポートラインに。
その逆でサポートラインだったものがレジスタンスラインに。

レジスタンスラインとサポートラインは、その役割によって呼び方が変わります

トレンドライン

チャートを作るローソク足の目立った高値同士、あるいは安値同士を2つ以上結び延長させたライン。

トレンドの終了やトレンドの反転ポイントなどの目安にするライントレンドラインです。
角度が急になるほど、ブレイクが早くなる傾向があります

上昇トレンドライン

上昇トレンドの場合には、目立った安値を結んだラインを引いていきます。

上昇のトレンドライン

上昇トレンドですので、上方向にレートは伸びていきます。

買いでのエントリーが主体になりますので、なるべく安いレートで買いたいところです。

その為に上昇トレンドの場合には安値を結んだラインを使って、下値がどこで支えられて上昇していくのかを見定めるためにトレンドラインを使います。

またトレンドラインをブレイクしたところを売りでエントリーする手法もあります。

下降トレンドライン

下降トレンドの場合は、目立った高値を結んだラインになります。

下降のトレンドライン

下方向にレートが伸びていきますので、なるべく高いレートで売りのエントリーをしていきたいところ。

高値を結んだラインで反転下降する想定で売りエントリー

なるべく有利になるトレードをするために、ラインを引いていきます。

チャネルライン

トレンドラインと平行に引いたライン。

2本の平行なラインの中を、レートが上下していくように見えます。

この平行な期間の長さや、ラインの幅の広さや角度などで相場環境を確認していきます。

チャネルライン

トレンドラインと同じで、角度が急になるほどブレイクが早くなる傾向にあります。

ラインを引く意味

ラインに触れたら逆張り、あるいはラインを抜けたらブレイクアウトなど、いろいろなエントリー手法を使う目安になるのがラインです。

ラインの引き方にはコツはありますが、特別な技術が必要なものではありません

ヒゲを考えてラインを引く人もいれば、ローソク足の実体でラインを引く人もいます。
ごちゃまぜパターンの人もいました。

ただし他の相場参加者とは全然違うところにラインを引いても、そのラインは何の役目も果たしません

ラインを引く場所は、大勢が意識するポイントです。

まずは目立った高値同士や安値同士をラインで結んでみてください

そこが意識されているレートならば、水平ラインが引けるかもしれません。

目立った高値が切り下げていれば、引いたラインは斜め下向きになるばずです。
下降のトレンドができているかもしれません。

引いたラインが機能しているか検証して、また新たなラインを引いて検証する

この繰り返しでラインの引き方は覚えていけます。

まとめ

まずはトレンドラインから始めてみると、分かり易いかもしれません。

水平ラインの時はキリのいいレート(キリ番)もラインを引ける事が多いです。

チャートにラインを一本引くだけで、いろいろな情報が飛び込んできます。

関連記事

ラインを判断基準にしてトレードしていくライントレード

主なエントリー手法としては押し目買い戻り売りブレイクアウトなどがあります。

それぞれの手法の詳しい説明は、下記の関連記事をご覧ください。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました