FX初心者向けFXトレード手法③ダブルトップとダブルボトム

スポンサーリンク
チャートパターンのダブルトップ 手法

ダブルトップダブルボトム。これらはフラッグやペナントになる前に見られることが多いチャートパターンです。基本的なトレード手法をご紹介します。

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

ダブルトップとダブルボトムのトレード手法

説明はダブルトップだけになります。ダブルボトムはダブルトップとは逆さまの形になりますので説明も逆さまに考えて頂ければOKです。

どんなチャートパターンの場合もそうですが、そのチャートパターンを作る前のトレンドの方向によってエントリーのタイミングが変わります。まずは下方向へのトレンドの際にできるダブルトップのケースです。

下降途中にできるダブルトップのケース

下落中のダブルトップ

図1では直近最安値を下回っていない状況でのエントリーになっていますが、このケースで形成される時は下降トレンドを作り下落している途中で、戻りを作るときにダブルトップが現れます。この形の時には積極的にエントリーしていっても良い場面です。

ダブルトップが出来ている時間足よりも長期の時間足で見ると、それまでの下降のダウも形成されたままとなっています。ダブルトップの頂点が戻りの頂点になりネックラインを下回った時が下降の始まりの確認ポイントになります。

それまでの下降トレンドと同じ下方向へのエントリーになりますので順張りでのトレードです。トレンドフォローのエントリーになります。ダウも形成されたままですので下方向へ大きく伸びていく事も考えられます。

資金管理をしっかりとして早めにエントリーしていきたい局面です。

ただし黄色のラインのようにトリプルトップを形成したり、ネックラインで反発してトレンドが上昇に変わる事も考えられますので、ネックラインを下抜いた事をしっかり確認してからのエントリーが基本になります。

損切りポイントネックラインの少し上あたりが良いと思われます。エントリー後に逆行してネックラインを超えて上昇していくようであればエントリーの根拠がなくなることになります。早めの損切りがベストです。

スポンサーリンク

上昇途中にできるダブルトップのケース

上昇中のダブルトップ

このケースで形成される時はそれまでの上昇を止めて、逆方向へ下降していく事がダブルトップ成立の条件となります。トレンドが方向転換する時に出来る事になります。

それまでは上昇していたトレンドが逆方向に動いていく事になりますので、それまでの上昇のダウが崩れて、下降のダウが形成される事を確認してからのエントリーが安全策になります。

直近最安値を下抜いた後、そのレートで支えられてレジスタンスとサポートが逆転した事を確認した後にエントリーする。戻り売りのトレード手法になります。

ダブルトップの頂点が長期足で強く意識されていたレートだったり、キリ番であったりした時は戻りを待たずにエントリーしていく事もありますが、基本はトレンド方向が変わるときは新たなダウが形成されるのを確認してからのエントリーがいいと思います。

ただし黄色のラインのようにそれまでのトレンドが続いて上昇していくケースもあります。こちらもネックラインを下抜いた事を確認してからのエントリーが基本となります。

損切りポイントは図2で示した直近最安値の少し上くらいが妥当だと思われますが、資金管理さえしっかりと出来ていれば、ネックラインの少し上に設定してもいいかもしれません。

※補足説明(12月28日追記)書き忘れていました。

ネックラインを下抜いてから戻りを作ってネックラインで上値を抑えられて下降を始めた時は紫の丸の位置でエントリーします。下降ダウを形成した事が確認されるからです。

まとめ

最初の説明では戻りを待たずに即エントリーと書きましたが、ダブルトップとダブルボトムのトレードはネックラインを超えてからの戻りや押し目を待った方が良いケースが多いと思います。下記は最近にあったダブルトップのチャート画像です。

ユーロドル4時間足チャート

下方向のトレンドの途中で戻りのような形でダブルトップを作りました。ネックラインを下抜いてから一度戻ってネックラインで上値を抑えられてから再び下降を始めています。

それまでのトレンドが続くのか、反転するのかは誰にも分かりません。チャートパターンができたからといってパターン通りになるとは限りません。できるだけ可能性の高いところでエントリーして行くためにはそれなりの根拠が必要になります。

私はその根拠をダウ理論に求めています。

ダウ理論のなかでもトレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続するという一文はとても重要になると考えています。

私のトレード手法の基本はこの一文が軸になっています。

コメント

スポンサーリンク