ダブルトップとダブルボトムを使ったFX初心者向けトレード手法

ダブルトップダブルボトムは、トレンド転換のサインとして使われることが多いです。

ですが、ダブルトップからの流れで「フラッグ」や「ペナント」になる事も多いチャートパターンです。

実戦ではダブルトップ・ダブルボトムが形成された後にも注意が必要です。

基本的なダブルトップ・ダブルボトムのトレード手法をご紹介します。

ダブルトップとダブルボトム

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

解説はダブルトップだけになります。

ダブルボトムは、ダブルトップとは逆の形になります。
トレードに使う際には、逆の見方で考えていけばOKです。

ダブルトップ・ダブルボトムとは

ダブルトップとダブルボトム

天井で形成されやすいのがダブルトップ

上昇してきたレートが高値を付けた後に反転下降。
その後に再び上昇するも、直近高値を超えられずに下降していくチャートパターンです。

底値で形成されやすいのがダブルボトム

形状はダブルトップの反対で、底値を2回付けた後に上昇していく形状です。

ダブルトップ・ダブルボトムのトレード手法

どんなチャートパターンの場合もそうですが、チャートパターンを作る前のトレンドの方向によってエントリーのタイミングが変わります

まずは「下降トレンドの際にできるダブルトップ」のケースです。

ダブルトップ後にトレンド方向に動くケース

下落中のダブルトップ

図1では「直近最安値下回っていない状況でのエントリー」になっています。

下降トレンド中に形成されるダブルトップは、戻りの上昇の終わりを教えてくれるサインになります。

この形の時には、積極的にエントリーしていっても良い状況です。

ダブルトップの二つの頂点が戻りの頂点になり、ネックライン下回った時がエントリーポイントになります。

ダブルトップができた時間足では、下降→上昇→下降のN字の波が作られています。

ですがダブルトップが見られる時間足より長期の時間足を見ると、ただの長い陰線のローソク足1本という事もあります。

それまでの下降トレンドと同じ下方向へのエントリーになりますので、長期足で見れば順張りでのトレードです。

トレンドフォローのエントリーになります。

ダウも形成されたままですので、下方向へ大きく伸びていく事も考えられます。

資金管理と損切りをしっかりとして、早めにエントリーしていきたい局面です。

ただし黄色のラインのようにトリプルトップを形成したり、ネックラインで反発してトレンドが上昇に変わる事も考えられます。

ネックラインを下抜いた事をしっかり確認してからのエントリーが基本になります。

損切りポイントは「ネックラインの少し上」あたりが良いと思われます。

エントリー後に逆行してネックラインを超えて上昇していくようなら、エントリーの根拠がなくなることになります。

ダブルトップの頂点まで待つのもありですが、早めの損切りがベストです。

ダブルトップ後にトレンド転換するケース

このケースで形成されるダブルトップは、それまでの上昇を止めて逆方向へ下降していく事がダブルトップ成立の条件となります。

つまりはトレンドとは逆方向への逆張りトレードになります。

トレンド転換時の逆張りトレードは、新たに反対方向へのダウが形成されてからトレードする。

上昇中のダブルトップ

このケースでは、「上昇のダウが崩れて下降のダウが形成される」事を確認してからのエントリーが安全策になります。

直近最安値を下抜いた後、そのレートで引いたラインがレジスタンスとサポートが逆転した事を確認した後にエントリーする。

戻り売りのトレード手法になります。

ダブルトップの頂点が長期足で強く意識されていたレートだったり、キリ番であったりした時は、ダウを待たずにエントリーしていく事もあります。

基本的にはトレンド方向が変わるときは新たなダウが形成されるのを確認してからのエントリーがいいと思います。

ただし黄色のラインのように、それまでのトレンドが続いて上昇していくケースもあります。

このケースもネックライン下抜いた事を確認してからのエントリーが基本となります。

損切りポイントは、図2で示した「直近最安値の少し上」くらいが妥当だと思われます。

資金管理さえしっかりと出来ていれば、「ネックラインの少し上」に設定してもいいかもしれません。

※補足説明(2019年12月28日追記)

ネックラインを下抜いてから戻りを作って、ネックラインで上値を抑えられて下降を始めた時は、紫の丸の位置でエントリーします。

下降ダウを形成した事が確認されるからです。

ダブルトップ・ダブルボトムの注意点

最初の解説ではトレンドの押し目や戻りの頂点になるダブルトップとダブルボトムのトレードは、即エントリーでOKと書きました。

即エントリーOKですが、ダブルトップ・ダブルボトムの場合は、ネックラインを超えてからの戻りや押し目を待った方が良いケースが多いと感じています。

下記は、最近にあったダブルトップのチャート画像です。

ダブルトップが形成されたユーロドル4時間足チャート

下降トレンドの途中で、戻りのような形でダブルトップを作りました。

ネックラインを下抜いた後、すぐに上昇してネックラインで上値を抑えられ下降。
再び上昇してネックラインに上値を抑えられています。

その後は下降していきましたが、トレンドが続くのか反転するのかは誰にも分かりません

チャートパターンも、パターン通りになるとは限りません。

できるだけ可能性の高いところでエントリーしていく。

そのためには、可能性が高いと言える根拠が必要になります。

まとめ

トレードする時には、エントリーする根拠が必要です。

これはダブルトップ・ダブルボトムのようなチャートパターンでも、テクニカル指標を使ったロジックでも同じ。

根拠があるからこそ「エントリー」「利益確定」「損切り」のポイントが決まります

私はその根拠をダウ理論に求めています。

ダウ理論のなかでも、「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という一文が、トレードの重要な根拠になると考えています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました