FXを始めたい方へFXトレードのエントリールールを守る事の大切さ

FXトレードの記録をブログに書き出した理由は、人前に晒す事で無駄なエントリーやヘンテコな損切りポイントなどを無くしたいというのが狙いだったのですが、振り返ってみると結局やらかしてしまっています。

スポンサーリンク

私のエントリールール

月足から4時間足をみて方向性を確認して、基本的には長期足と同じ方向にエントリー。60分足の水平線と21MAでエントリーポイントを決定してから、5分足でタイミングをみてエントリー

大雑把な説明ですが他にもRSIとMACDも参考程度には見ています。

(2018年12月3日追記)
エントリータイミングが雑になっていたので、エントリールールに追加の規制を入れました。

今まではチャートパターンと水平線でほとんどのエントリーを決めていました。
そこでロウソク足が上にあるか下にあるかを見ていただけの21MAにグランビルの法則を使うようにしました。
現在はチャートパターンと水平線、5MAと25MAでタイミングを計っています(2019年8月19日追記)

更に参考程度だったMACDをエントリーのタイミング取りに使うようにしました。
2019年3月以降はMACDは使っていません(2019年8月19日追記)

1時間足でエントリーポイントを決める際はダウが形成されている時に、押し目買いや戻り売りでのトレードを基本線にしています。

実際のエントリーは5分足がメインなのですが、いざエントリーという時もチャートパターンと水平線で判断していたので、エントリータイミングが早すぎたケースが多くありました。

損切りされた後にエントリー方向に伸びていくことが多々あったため、ルール追加をしてエントリーのタイミングを一呼吸待つようにしました。

月足から4時間足までを確認してトレードの方向(買いか売りか)を決めるのは同じ。
1時間足でトレンド(ダウ)を作っている時にエントリーする。

エントリーのタイミングは1時間足以下の短期足でチャートパターンを見つけて水平線、ロウソク足と21MAとの距離(グランビルの法則)で判断。
チャートパターンがない時はMACDのクロスで判断。

2018年11月中旬ルール変更

    • エントリーする時には必ず損切りを入れる。
    • 入れた損切りは動かさない。
    • 一回のトレードでの許容損失額を守る。
    • 許容損失額は資金の2%まで。
    • 利益:損失の割合は最低でも2:1、とれない時はエントリーしない。

ここまで決めていてもダメダメエントリーがなかなか治りません。
細かすぎても忘れてしまいそうだったのですが、ポジポジ病という恐ろしい病気にかかってしまった私にとっては、キチンと決めておいて紙に書きだして何時でも見れるようにしています。

今になって思う事ですが、まずはエントリールールを決めることからFXを始めておけば良かったと少し後悔しています。

2019年以降日足でのトレード(スイング)がメインになっています。
生活環境が変わりFXのルールも調整が必要になりました。(2019年8月19日追記)
スポンサーリンク