トレード

トレード

大きなファンダメンタルズが出てこない限り米ドル買い方向が妥当な選択

ユーロドル・ポンドドルは下、米ドル円は上。米ドル買い方向に動いた一週間でした。金融政策の違いで考えても、米ドル円は買い方向が妥当な選択でしょう。どの通貨ペアも基本的には米ドル買いを軸に考えてます。
トレード

重要指標が多かった米ドルはそこそこで一番動いたのはポンドでした

ADPにFOMCに雇用統計と、米ドルに絡む重要指標が多かった一週間でした。ですが織り込み済みだったのか、大きな流れになる事はありませんでした。大きく動いたのは、政策金利の発表があったポンドでした。
トレード

ユーロ買いと米ドル買いが日替わりでユーロドルは大きく上下動

ECB理事会後のラガルド総裁の会見でユーロが買われ、金曜日は利確や月末要因も絡んでのユーロ売り米ドル買い。週後半はユーロドルが大きく動きました。今週は、さらに動くことが予想されるファンダメンタルズがあります。
トレード

勢いのあった円売りに調整が入り米ドル円が下降中です

円売りが強くなっていた相場環境でしたが、調整が入ったようです。米ドル円、ユーロ円ともに下降しています。この調整下降がどこまで続くのか。
トレード

米ドル円とクロス円が大きく上昇、円売り一択相場になりました

米ドル買いだった相場環境が、円売り一択の相場環境になりました。米ドル円とユーロ円は大きく上昇。クロス円は軒並み上昇しています。
トレード

イマイチな結果の米雇用統計でしたが米ドル買い一択は続いてます

米ドル買い一択の状況が続いてます。米雇用統計のイマイチな結果で一度は下降した米ドル円。しかしすぐに反転して、昨年の最高値まで上昇しています。
トレード

米ドル買いは変わらずですがそろそろ調整の米ドル売りも念頭に置いて

米ドルが強い状況は変わらず。しかし円がより強く、米ドル円とユーロ円は大きめに下降しています。ユーロドルとポンドドルも若干米ドル売りが入り、調整に入りそうなチャート形状に見えます。
トレード

テーパリング言及で米ドル買いが強くなったがリスクオフ要因も目白押し

FOMC後の声明で、早ければ11月にもテーパリングに着手すると言及。米ドル買いが強くなりました。円は売られ米ドル円・ユーロ円ともに急上昇。ですが新型コロナの変異株や中国恒大集団の問題など、リスクオフの傾く要因はまだ解消されていません。
トレード

経済指標次第で流れが変わりますが米ドル高に向かいそうな雰囲気です

経済指標次第でコロコロ流れが変わっています。米ドル円は相変わらずのレンジ。大きな流れでは米ドル高に向かいそうな雰囲気です。
トレード

米ドル円のレンジ相場が続いてます。何時どちらにブレイクするか?

米ドルに対してユーロは弱く、ユーロドルは下降。ポンドはトントンで、ポンドドルは行って来いでした。そんな中、米ドル円のレンジ相場が続いています。
タイトルとURLをコピーしました