2024年1月15日からの為替相場の流れと今後のトレードシナリオ

2024年1月15日からの為替相場の流れと今後のトレードシナリオを考察します。
と言いたいとこですが、今週は日銀の政策金利発表と総裁会見があります。

トレードシナリオはこの内容次第でしょう。

本記事は広告・プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

FX相場私的考察

前回考察の結果

ユーロドル

シナリオ

チャネル上限から1.1010までに反転下降で売り
チャネル下限ブレイクなら戻り売り

ノートレード。

米ドル円

シナリオ

グランビル確定で買い

1/15、4時間足グランビル②確定後に飛び乗り。
エントリー145.28、損切り144.30、利確146.30
順調に伸びて指値利確。

ユーロ円

シナリオ

グランビル確定で買い
157.30までは買い優先

1/15、4時間足グランビル買い②確定後にIFO注文。
エントリー158.97、損切り158.45、利確160.40
またしても指値に届かなかった。

ポンドドル

シナリオ

1.2800での反転下降で売り

ノートレード。

4時間足チャートでの考察

ユーロドル

2024年1月21日ユーロドル4時間足チャート

チャネルを下にブレイク。
チャネルラインの戻り売り狙いでしたがルール合致しませんでした。
現状は1.0850から1.0900で上下している感じです。

再開後の動きでフラッグ等のチャートパターンが形成されたら売り検討します。
上昇なら高値確定後に再検討。
下降なら1.0750までに上目線になれば日足の上昇の流れ再開と見て買います。

米ドル円

2024年1月21日米ドル円4時間足チャート

上昇の勢いがついてますが、週末には横に動き少し止まった感じに見えます。
基本的には押し目買いですが、まずは日銀の政策金利発表待ちでしょう。

ユーロ円

2024年1月21日ユーロ円4時間足チャート

米ドル円に同じです。
押し目買いが第一シナリオですが、日銀の発表があるまでは様子見です。

ポンドドル

2024年1月21日ポンドドル4時間足チャート

チャネルの中を切り上げていましたが下にブレイク。
1.2600近辺まで下げてから1.2700を天井に上下動。
1.2800から1.2600のレンジの中を動いています。

トレードはレンジ対応で検討します。
1.2800付近からの売り、1.2600付近からの買い。
レンジ中央1.2700では上目線で買い、下目線で売り。

今後のトレードシナリオ

ユーロドルはチャートパターンでの売りから日足の上昇再開狙いの買い。
米ドル円とユーロ円は押し目買い
ポンドドルはレンジ対応。

日銀の金融政策に変更はあるのか、或いは変更を示唆する内容があるのか。
取りあえず考察はしましたが、日銀総裁会見終了までは待ちだと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました