2024年1月8日からの為替相場の流れと今後のトレードシナリオ

2024年1月8日からの為替相場の流れと今後のトレードシナリオの考察です。

前週に円売りが強くなり米ドル円とユーロ円は上昇。
どちらの通貨ペアも流れはそのままで、週足は上下にヒゲこそ付いてますが陽線で終了しています。

本記事は広告・プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

FX相場私的考察

前回考察の結果

ユーロドル

シナリオ

基本的には様子見
1.1000での反転売りと1.0900がレジスタンスでの売りは検討

ノートレード。

米ドル円

シナリオ

144から143での反転上昇で買い

1/10、4時間足でグランビル買い②確定後にIFO注文。
エントリー144.35、損切り143.30、利確146.45

145.35到達で損切りを建値に移動。
米CPI発表で上下していたが146.40まで上昇。
しかし上昇はそこまで、あとは下降して146を割ったので逆指値を145.50に変更して就寝。
起床したら145.50で決済されてた。

利確を10PIPS欲張ったせいで5PIPSに泣いた…

ユーロ円

シナリオ

156.50までの反転上昇で買い

米ドル円とほぼ同じタイミングでIFO注文。
しかし想定より下降せず指値に届かなかったのでノートレード。

ポンドドル

シナリオ

レンジ想定
1.2740までに高値切り下げで売り
1.2600での反転上昇で買い

ノートレード。

4時間足チャートでの考察

ユーロドル

2024年1月14日ユーロドル4時間足チャート

チャネルの中を切り上げています。
安値を若干ですが切り上げてきてるので、フラッグにもウェッジにも見えます。
すぐそばにキリ番の1.1000もありますので、トレードはチャートパターンでの売りで検討しています。

このまま下降してチャネル下限をブレイクするなら戻り売り。
上昇するならチャネル上限近辺から1.1010までに反転下降したら売り。
それ以外は様子見とします。

米ドル円

2024年1月14日米ドル円4時間足チャート

143.40で反転上昇。
前回考察通りの展開となりました。
利確はちょっとミスりましたが、トレードは充分合格点と言えそうです。

上昇の勢いがついて高値更新しています。
このまま安値確定ならグランビルの法則に合致しそうです。

よってグランビル買い②か③に合致ならトレード。
下降が強ければ安値確定後に再考察します。

ユーロ円

2024年1月14日ユーロ円4時間足チャート

米ドル円と同じく高値切り上げ確定です。
このまま上昇ならグランビル確定も同じ状況。
よってトレード方針も同じです。

グランビル買い②か③でトレード。
大きく落ちた場合も157.30までは買い優先で検討します。

ポンドドル

2024年1月14日ポンドドル4時間足チャート

スタートは前回考察の狙った形に近い動きでしたが売りルールに合致せず。
それが功を奏し、その後の反転上昇からの高値更新で負けトレードにならずに済みました。

ユーロドルと同じくチャネルの中で上下してます。
しかし上昇の勢いは弱まってます。
ユーロドルと同じようにチャネルラインでのトレードもあり。
しかしポンドドルは1.2800のキリ番付近での反転下降だけ狙います。

それ以外は様子見です。

今後のトレードシナリオ

ユーロドルはチャネルラインでの売りが第一シナリオ。
米ドル円とユーロ円はグランビル確定での買い。
ポンドドルはキリ番での反転売りだけ。

今週はドル買い方向優先で見ていきます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました