トレード

トレード

締めくくりは米ドル買いだった2020年最後の一週間でした

2020年の締めくくりの一週間は、それまでの米ドル売りの流れが続いていました。ですが、取引終了間近には米ドル買いが強くなりました。見た目には調整の米ドル買いに思えます。
トレード

今年も残すところ僅か、もう無理なポジションは控えます

今年も残すところあと僅かになりました。ブレグジットに関する交渉も、取りあえずは決着したようです。もう年明けまではトレードするつもりはありませんが、とりあえず考察だけはしたいと思います。
トレード

FOMC後もドル売りのまま、ポンドも変わらず買われてます

FOMCがありましたが、ドル売りの流れは変わりませんでした。いまだ交渉がまとまらない英国とEUですが、ポンドは買われ続けています。
トレード

ポンドはこの週末の情勢次第、他はレンジブレイク待ち

英国とEUのブレグジット関連の交渉も最終段階に来ています。ポンドドルは下降し始めました。ユーロドル、米ドル円、ユーロ円は狭いレンジになってます。新型コロナ関連も気になりますが来週からはポンドが主役の相場になりそうです。
トレード

リスクオンで上昇ですが米ドル円は上値が重たいようです

ユーロドル、ユーロ円、ポンドドルの上昇の勢いが強くなった一週間でした。米ドル円は上値が重く、下値も堅い。ジワリと下げてはいますが、レンジ相場の様子です。
トレード

ユーロドルが上で米ドル円が下、挟まれユーロ円はレンジになる?

ユーロドルが上に動きそうです。節目になりそうな1.2000まであと少し。このままいくと米ドル円は下に動きそうですが、ユーロ円はレンジもありそうなチャート形状です。
トレード

ワクチン期待も織り込まれ、元の円買い相場に戻ってしまいました

米ドル円が下降しています。103円台で取引終了しました。少し前にあったワクチン期待での急上昇が、ほとんど戻されてしまいました。米ドルが弱いままだと、年内にコロナ相場で付けた安値に届きそうです。
トレード

新型コロナのワクチン期待で一気にリスクオンの円売り相場になりました

新型コロナウイルスのワクチンへの期待感から、相場環境がコロッとリスクオンに変わりました。それまで買われていた円が売られ、米ドル円やクロス円が上昇しています。今後のワクチン関連のニュースには要注意です。ブレグジットも気になります。
タイトルとURLをコピーしました