FOMC後のユーロドルのトレードで手法ルールを守るのかアレンジか

2018年12月20日のチャート画像eurusd トレード

FOMC終了後の政策金利発表、パウエルFRB議長の会見内容は大きなサプライズはなく大方の予想通りの内容になったようです。それを受けてドルが買い戻されました。ペナントブレイクしたユーロドルは上昇トレンドを作ることはなく、またレンジ相場に戻ったようです。

以前紹介させて頂きましたペナントブレイクのトレード手法を少しアレンジして1時間足で使うとそれなりのPIPSを取れたと思います。

スポンサーリンク

ユーロドル1時間足チャート

2018年12月20日のチャート画像eurusd

チャートの黄色の丸がペナントブレイクのポイントです。ブレイクはこれまでの下降トレンドとは逆方向へのブレイクでしたので、その後の押し目を待つのが私のルールでした。

茶色のトレンドラインで反発した場面(青色の丸)でエントリーしていれば、それなりに利益になったと思われます。

ただ私のルールではトレンドとは反対方向へのブレイクの場合、直近高値を超えてから押し目の判断をすることにしています。そのためブレイク後の直近高値を赤色の丸と判断していました。

私のルールではまだ押し目を作っていないという判断になります。普段トレンドラインでのトレードはしておらず、水平線でのトレードを基本としているので今回は見送りで仕方のない状況でした。

結局ピンクの丸のポイントで短期足(5分と15分)が水平線で下値を支えられていたのを根拠にエントリーしたのですが、1.144から戻ってきたところでトレールでの利確となり12PIPS程取っただけのトレードになりました。

もったいないように見えますが自分で作ったルールを守ることの方が大切です。守らずに勘だけのトレードではいつか必ず痛い目に遭います

私は遭いました。

補足ですが手法のアレンジがすべてダメかといえばそうとも言えません。今回のケースでいえばトレンドラインを根拠にして資金管理さえしっかりしていれば、自分のルールに合致していなくてもエントリーしても良い状況でした。

それまでのレンジの上限と思われる1.145まではそれなりのPIPSがありましたので、うまく伸びれば利益は見込めた状況だったと思います。損切りもトレンドラインのすぐ下あたりに設定すれば少ないPIPSで設定できたと思います。

そこまで考えていたのですが私がエントリーしなかった理由はルールになかったから・・・それだけです。

 

コメント

スポンサーリンク