FXで塩漬けに向かうメンタルの動きを防ぐ3点のトレードルール

ポジションを塩漬けしたくなる気持ち・・・よく分かります。
私も過去に塩漬けしました。

とてもよく漬かりましたが、損失もタップリご馳走になりました。

FXで塩漬けしても良いことはありません

運よく戻してくれたとしても、それが毎回上手くいくとは限りません。
失敗のほうが多いと思います。

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

塩漬けとは

FXで言う塩漬けとは、損失が大きくなっても損切りしないで、そのままポジションを保有し続ける事を言います。

塩漬けしてしまう要因には、人間の本能的な習性が関わっているようです。

本能なので防止するのもなかなかに大変ではありますが、ルールを決めて守ることはできるはずです。
参考になればと思い、塩漬け防止策を書かせていただきます。

私は塩漬けして、大損失してしまいました。
その後に学んだ事をまとめてあります。

なぜ塩漬けしてしまうのか

なぜ塩漬けしてしまうのでしょうか。

一般的な人間の本能には、以下のような傾向があるそうです。

  • ノーリスクで利益を得るのを好む
  • リスクを負ってハイリターンを求めることはしない

いわゆるプロスペクト理論です。
人間は基本的に、リスクを避けたい傾向が強いそうです。

利益は早く手に入れたい、損失は回避したい

FXのトレードに、プロスペクト理論を当てはめてみます。

ポジションが含み益の状況

利益がゼロ或いはマイナスになるリスクを負って更に利益を伸ばすよりも、サッサと利益を確定させて満足感を得てしまう。

ポジションが含み損の状況

損失を確定させたくない、できれば回避したい

「想定とは逆に動いて含み損が膨らんでるが、いつかは戻ってプラスに変わるはず」
何の根拠もない願望と損失を認めたくない心理状況が、損切りを遅らせてポジションの塩漬けに繋がっていきます。

塩漬けに向かう心理の動き

利益が乗ってきた時こそ我慢をして、さらに利益が伸びる可能性を追いかける。
もし粘ってダメだったとしても、建値決済でもプラスマイナスゼロでトレードを終われます。

ですが目の前に含み益が積まれると、早く利益を確定したい感情がドンドン湧き上がってきます。

逆に含み損が膨らんでくると、大きくなる損失に我慢強く耐えるようになります。

後々を考えると、小さい損失で済ませた方が良いのは分かってる。
でも目の前の損失を確定できない自分がいる・・・

大丈夫、戻ってくる

戻らなかったら大変ですよ。

でも損切りしたら、お金が減っちゃう・・・

  1. 想定とは逆方向にレートが動いていく
  2. 損切りを躊躇い、ドンドン含み損が膨らんでくる
  3. 損切りするには痛い大きさの含み損になる
  4. そして、塩漬けする・・・

塩漬けしている間は、含み損であっても損失確定ではない

この微かな希望の光が、塩漬けに向かわせてしまう要因のひとつです。

私も塩漬けの経験があります。
なぜ?と問われても、やっちゃったんだもんとしか答えられません。

塩漬けするデメリット

塩漬け分の証拠金が必要

塩漬けするという事は、ポジションを保有し続けるという事。
ポジション保有中は、ポジション分の証拠金が必要になります。

新たなトレードチャンスが来ても、塩漬け分の証拠金はトレードに使う事が出来ません。

せっかくの絶好のチャンスに証拠金不足でトレードできない、あるいは少ないロット数でしか注文できない状況になるかも知れません。

これは避けられるデメリットなので、余計に悔しい思いをします。

マイナススワップだと塩漬け期間は資産が減り続ける

スワップがプラス方向の塩漬けなら、僅かですが利益も生まれます。
これならばまだ、塩漬けしている意味もありそうです。

ですがマイナススワップ方向の塩漬けポジションだと最悪です。

持ってるだけで毎日マイナス利益です。

私はこれをやっちゃいました。

毎日毎日、スワップのマイナス利益分の穴埋めのトレード。
しんどかったです・・・

塩漬け防止策3点

どうすれば塩漬けを防げるのか。

現時点で塩漬けした事がない人、絶対にやらないでください。
紙に「塩漬け禁止」と書いて、見える場所に貼ってトレードするのも効果的です。

塩漬けをやらかした後、しばらくPCに貼っておきました。

塩漬け防止策をトレードルールに入れる必要もあります。
以下3点は、具体的な塩漬け防止策になります。

エントリーの時に損切りも入れて動かさない

FXの注文方法には「IFO注文」と言うものがあります。

これは指値や逆指値でポジション確定した時、同時に利確と損切りの注文が入る注文方法です。

この注文方法を使ってトレードする。
そして大切なのが、損切りポイントは絶対に変えない

想定外の動きの時には必ず損切り。
最小限のダメージで、塩漬けできないようにします。

少ないロット数で損切り幅を広く

始めから広い損切り幅に設定する事で、損切りまでの時間を長くする。
早い損切りや連続した損切りで受ける心理的負担を減らす。

その時にロット数を少なくすることで、損切りで受けるダメージを最小限にする。

負けた時の心理的負担を少しでも少なくする

こうする事で、塩漬けしたいと思うメンタルを少しでも無くしていきます。

スキャルピング

スキャルピングは短期間でトレードを終わらせるスタイルです。

大きな損失になるまでポジション保有していては、スキャルピングの意味がありません。

利確も損切りも短いスパンでサクサクこなす。
淡々と損切りする事で、損切りに慣れていく

損切りしても資産が増えていく経験が、損失を受け入れ塩漬けしないメンタルを生み出します。

スキャルピングを容認しているFX会社でトレードする事が前提条件です。

まとめ

最後の最後で何なんですが、やはり「絶対に塩漬けしない」というメンタルが一番重要です。

テクニックではないと私は考えます。

いろいろ偉そうに書きましたが、結局私も塩漬け経験者です。
塩漬けからの大損失を経験した後、勉強して得た知識の一部をご紹介させていただきました。

私のように塩漬けでつらい日々を送ることがないように、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました