FXの相場環境の転換点で優位性のあるエントリーポイント探し

トレンド相場もレンジ相場もいつかは終わります。

このトレンド相場からレンジ相場、或いはレンジ相場からトレンド相場への転換点をとらえる事が出来れば大きく利益を狙う事ができます。

なかなか難しそうですが、見つけ出す方法がない訳ではありません。

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

相場環境の転換点の見つけ方

相場環境の判断はダウ理論とマルチタイムフレーム分析

相場環境の転換点を事前に知ることはできません。
ですが可能性の高いポイントを見つけ出すことはできます。

相場の波(ダウ)は短期足から作られます。
短期足で作られた波が中期足に伝わり、長期足に伝わって相場環境が作り出されます。

相場の波はダウ理論で判断します。
相場環境認識はマルチタイムフレーム分析で判断します。

ダウ理論マルチタイムフレーム分析については以下の記事を参考にして下さい。

相場環境は短期足から

それまでは上方向に向かっていた長期足が下方向に向かい始めたとします。

この時に長期足だけみていると、突然反転したようにみえます。
ですが実際は短期足が下方向に波を作り、下降のダウが確定してから次は中期足。
そして最後に長期足に下方向の波が伝わっていきます。

当たり前のことですが短い時間での波が伝わる事で、長い時間の相場環境も作られていきます。

転換点のサインはレンジ相場

相場環境の転換点を見つけるためにまずは、短期足で形成されているダウの方向が反転して逆方向に向かい始めるのを確認する事から始まります。

逆方向に向かい始めるとその後にレンジ相場が形成される事が多くなります。
レンジ相場とは向かう方向がまだ決まっていない、上下に揉みあっている状況の相場環境です。

この上方向と下方向、つまりは買い勢力と売り勢力のせめぎ合いが続いている状況がレンジ相場になります。

このレンジ状況で蓄積されたパワーの均衡が崩れると、一気に相場が動き出してトレンド相場が形成されます。

転換点に現れるチャートパターン

エントリーポイントの判断ができない、上手く見つけられないという方はまずはチャートが揉みあう状況レンジ相場を見つける事から始めてみて下さい。

フラッグペナントなどのチャートパターンはレンジ相場ともいえます。
この横方向に動くレンジを抜けて、上か下かに動き出す初動を狙っていきます。

ダブルトップ(ボトム)やヘッドアンドショルダー(逆パターンも)は、それまで向かっていた方向とは逆方向に動き出す直前に現れやすいチャートパターンです。

これも相場の転換点を狙った優位性のあるトレードになります。

チャートパターンでの具体的なエントリーポイントの見つけ方は、押し目買いや戻り売り、ブレイクアウトなど状況にあったトレード手法を選択します。

チャートパターンでのトレード手法はこちらの記事を参考にして下さい。

まとめ

相場環境の転換点はどの時間足でも発生します

短期足でのトレンドの勢いが強くなり、長期足までトレンドが伝わる。
短期足で転換点を見つけ出しエントリーできると、長期足でトレンドが生まれた時に利益も大きく伸びていく。

現実にはそう簡単にはいきませんが、利益をどこまで伸ばせるかが成功の鍵です。

そのためには長期的な相場環境の把握も必要ですが、トレードする時間足の相場環境の把握がなにより重要です。

トレードする時間足で終わってしまうトレンドなのか、長期足まで伝わっていく要素はあるのか。
難しいですが見極めが大切です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました