米ドル円もユーロ円も145円目前、円安が止まりません

ECBも大幅利上げとなりました。

それを受けてユーロ買いが強くなってます。

米ドル円もユーロ円も大きく上昇で145円手前。

円安が止まりません。

スポンサーリンク

2022年9月5日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年9月11日ユーロドル4時間足チャート

窓開けスタートから0.9877まで下降。
0.9943まで戻して0.9863で安値更新。
そこからは上昇ダウで1.0057の高値を付けて1.0043で取引終了しました。

想定よりも大きく上昇しました。
1.000で売りも検討したんですが目線もダウも上なんで見送り。
1.0114での反転下降も週末なんで見送りました。

週足は下目線だがダイバージェンスで上昇気配。
日足は上目線になりました。
4時間足は上昇ダウの上目線。

もう少し上昇余地ありと見ています。
ですがレンジが続く可能性も捨てきれず。

なのでトレードは控え、基本は様子としています。

トレードするなら1.000での反転上昇があれば買い。
0.995まで下降したら目線とダウを待ってから買い。
0.993を下抜いたら様子見。

上は直近高値1.0114で反転ならダウと目線が下で売り。
超えたら様子見。

米ドル円4時間足チャート

2022年9月11日米ドル円4時間足チャート

前週140円かと思ったら、もう145円手前まで上昇しています。
もはやテクニカル云々よりファンダメンタルズ重視でしょう。
変わらない限りは買いの一本勝負です。

ただ今週はもう少し押すかもしれないので様子見スタート。
141.00と137.50近辺で反転気配があれば買い。

最大135.50くらいまで押すと見ています。

ユーロ円4時間足チャート

2022年9月11日ユーロ円4時間足チャート

「139.00を下抜くまでは反転買い」
前回考察での狙いがおおよそ上手くハマりました。

138.67まで落ちましたがそこで反転上昇。
あれよあれよで144.71まで上昇していきました。
少し押して143.24で取引終了しています。

週足はダイバージェンスですが、ちょっと上昇すれば解消しそうな状況。
日足はRSI70越えで陰線で落ちてますが上昇の勢いあり。
4時間足は勢いが止められた感じ。

138.00を下抜くまでは買い優先に検討していきます。

米ドル円と同じく押し目買い一本勝負です。
ただし目線とダウが上が条件です。

ポンドドル4時間足チャート

2022年9月11日ポンドドル4時間足チャート

1.1548まで上げてから1.1404で安値更新。
その後は1.1647まで上げて直近高値を更新しています。

「少し戻すが下方向優位」と想定して挑みました。

1.1548での反転下降では上手くエントリーできました。
伸びたんで建値決済にしてほったらかし。
そしたらその後の上昇でプラマイゼロでした。

上方向に動きそうですが週足・日足とも下方向優位は変わらず。
「なるべく上から売り」をもう少し続けます。

1.1750と1.1950付近で反転あれば目線とダウを待って売り。

1.1600より下での動きはダウの方向次第で検討します。

今後のトレード方針

ユーロドルは様子見(もう少し上に動くと想定中)
米ドル円はなるべく下から買い。
ユーロ円は押してから目線とダウが上で買い。
ポンドドルはなるべく上から売り。

米ドル円もクロス円も買い方向優位。

円売りの勢いが止まりません。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました