リスクオフの株安・米ドル買いのなか、米ドル円が強く上昇しています

今週はFOMCがありましたが、為替相場への影響はほとんどなし。

そんななか、米ドル円が105円近くまで上昇しています。
ユーロ円も上昇中。

リスクオフの株安、米ドル買いだそうです。

リスクオフで円安方向に動く・・・やはり過去の為替相場とは違う雰囲気です。

スポンサーリンク

2021年1月25日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年1月30日ユーロドル4時間足チャート

上方向に伸びていく想定でいましたが、1.2050付近まで落ちています。
しかし長い下ヒゲで戻してから、横に動いている印象です。

ここからは、1.2190から1.2050のレンジになる想定でいます。

レンジの天井と底付近では反転狙い。
上に抜けたら押し目買いチャンス待ち。
下は1.2000を下抜けるまでは様子見します。

米ドル円4時間足チャート

2021年1月30日米ドル円4時間足チャート

上昇のダウを形成しています。
104.20を下抜くまでは、買いトレード重視で考えています。

105.50まで上昇があると想定。
そこまでは、買いで入れるチャンスがあればトレードします。

105.50近辺では反転売りも検討。
そのまま下降しても、104.20を下抜くまでは買いでのトレード主体です。

下目線への切り替えは、103.50を下抜いてから。
あとは、上昇のダウが崩れたら様子見に入ります。

上昇のダウを形成中は上目線のままでいきます。

ユーロ円4時間足チャート

2021年1月30日ユーロ円4時間足チャート

一度下降していますが、ほぼ想定通り上昇の一週間でした。
引き続き、上昇のダウが崩れるまでは上目線でいきます。

下に動いたら押し目買いチャンス待ち。
上の動いたら、127.50付近での反転下降に注意。

127.50を超えてきたら様子見にします。

下目線への切り替えは、125.50を下抜いてから。
さらに125.00を下抜くようなら、安値確定後の売りトレードに変更します。

節目のラインでの反転買いでのトレードが基本線です。

ポンドドル4時間足チャート

2021年1月30日ポンドドル4時間足チャート

だんだん上値が重くなってきました。
来週もレンジ相場の想定でいます。

天井1.3760から底1.3630のレンジで、引き付けてからの反転狙いが基本線。
レンジを抜けるのが上方向なら様子見。
下方向なら戻り売りでのトレードで考えています。

上方向の場合、大きく伸びるかダマしか見極めてから再検討します。

今後のトレード方針

ユーロドルとポンドドルはレンジ。
米ドル円とユーロ円は買い。

円売りが強くなれば、米ドル円とユーロ円は更に上昇が見込めそうです。

そうなるとやはり、ユーロドルはレンジが濃厚でしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました