米大統領選挙はバイデン氏当確も今後の相場はまだまだ荒れそうです

米大統領選挙はバイデン氏が当確したようです。

ですが、選挙に不正があったとトランプ大統領は認めていない状況。
イギリスとEUのブレグジット関連の問題も交渉途中。

まだまだ相場が荒れる要素は残っています。

2020年11月2日から一週間のFX相場私的考察

米大統領選挙だけでなくFOMCに米雇用統計、イギリスやオーストラリアでも政策金利発表があり、なかなか盛りだくさんの一週間でした。

それなりに動きはありましたが、急変とまでは言えなかった印象です。

ユーロドル4時間足チャート

2020年11月8日ユーロドル4時間足チャート

大統領選挙後から上昇が強くなりました。
1.1900の手前まで上昇して取引終了です。

今後は基本的には押し目買い狙い。

1.1850から1.1900の間をレンジになるようなら、買いチャンスを待ちます。
1.1900を超えたとしても、しばらくは押し目買いチャンスを狙います。

ですが今後は、トランプ陣営の情勢次第では急降下もありえます。

下に向かった時は基本様子見。
勢いが強ければ、損切り狭めで売りエントリーを検討します。

米ドル円4時間足チャート

2020年11月8日米ドル円4時間足チャート

下目線が続いています。
ついに104.00も下抜いてきました。

この後は、どこまで落ちるかの確認から。
週足の直近安値は101.17です。

少し大きめに戻したところで、チャンスがあれば売り検討します。

大きな流れは今後の大統領選挙の情勢次第。
急変することも頭に置きながら、基本は下目線でいきます。

ユーロ円4時間足チャート

2020年11月8日ユーロ円4時間足チャート

円と米ドルにはさまれて、動きはレンジになりました。
今後の対応は、短期足での反転狙いでいきます。

下に動いたら水平ラインでの反転買い。
上に動いたら反転売り。

短期足でのチャートパターン待ちでいきます。

大きな流れでは、123.00を超えたら上目線重視。
121.50を下抜いたら下目線重視。

現時点では下目線重視です。

ポンドドル4時間足チャート

2020年11月8日ポンドドル4時間足チャート

米ドルが売られたことから、ポンドドルは上昇しています。

直近の最高値は1.3176。
少し前にも上昇を止められたポイントです。

上目線重視ではいますが、まずはここで止められるかの確認から。
取引開始から下降していくようなら、1.3000までの下降を見込んでいます。

狙うのは水平ラインやキリ番付近での反転上昇狙い。
1.2900までは狙ってみます。

早々から上に動いて1.3176を超えたら、押し目を待ってから買いチャンス待ち。
上昇が強いようなら、短期足での押し目をまって飛び乗ってみます。

目立つ押し目がなければ見送りします。

今後のトレード方針

基本は円買いを軸にしたトレードで考えます。

米大統領選挙の情勢、ブレグジットの交渉進展しだいで対応は変えます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました