ローソク足のヒゲをトレードに利用する前に確認したい事

ローソク足は日本人が考え出した相場の値動きを表す図になります。

決まった期間の高値や安値、始値や終値が一目で分かり、今では世界中で使用されています。

ローソク足をみるとヒゲと呼ばれる、実体のない細い線で表される形状があります。

トレードする際に重要な目安となるのがローソク足のヒゲです。

ローソク足のヒゲをトレードに利用する前に確認したい事

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

ローソク足が示してくれる事

ローソク足には陽線陰線があります。

始値よりも終値の方がレートが高い場合は陽線。
始値よりも終値の方がレートが低い場合は陰線。

ローソク足の示す期間にレートが上に動いたのか、下に動いたのかを分かりやすく表示してくれています。

この時に高値と始値の差が上ヒゲ終値と安値の差が下ヒゲになります。

一般的に上ヒゲはレートの上昇の終わりを、下ヒゲはレートの下降の終わりを教えてくれるといいます。

上ヒゲで簡単に説明します。

それまで上昇していたレートが止まり、反転して下降を始めたとします。
そしてローソク足が確定すると、高値から下降した分だけが上ヒゲになります。

次のローソク足は前のローソク足の下降している流れを引き継ぎますので、そのまま下降していく可能性が高いと判断されるのです。

ただしこれは絶対ではありません

同じ下ヒゲのローソク足でも違う結果に

最近に見られたローソク足でご紹介致します。

4時間足チャート

4時間足チャート

4時間足では赤丸青丸も、どちらのローソク足も陰線で下ヒゲ付きです。

1時間足チャート

1時間足チャート

赤丸陽線で下ヒゲ青丸陰線で下ヒゲが付いています。

陽線の下ヒゲのあとは上昇し、陰線の下ヒゲのあとは下降しています。
同じ下ヒゲでも陽線に付いた下ヒゲと、陰線に付いた下ヒゲでは違う結果となっています。

今回は陽線と陰線でしたので、下ヒゲの出た後の動き方に違いが出るのも分かりやすいです。
ですが同じ陰線の下ヒゲでも、反転上昇したりそのまま下降したりと、違う動きになる事もあります。

ではヒゲが確定した後は、チャートをどう見ていけばいいのでしょうか。
どのタイミングで上昇なのか下降なのかを判断すれば、勝てる可能性が高くなるのでしょうか。

ヒゲが出た後のチャート分析

ヒゲが確定したあとのチャート分析には、マルチタイムフレーム分析(MTF)ダウ理論で判断していきます。

15分足チャート

15分足チャート

赤丸の陽線下ヒゲは安値を作った後に上昇のダウを形成し、青丸の陰線下ヒゲは一度戻りを作って大きく下降しています。

5分足チャート赤丸

上昇5分足チャート
下降のダウを作りながら下がってきたレートが、反転して上昇のダウに転換しています。

5分足チャート青丸

下降5分足チャート
レートは下降のダウを形成しながら、どんどん下がっていきます。

赤丸の4時間足でのローソク足の下ヒゲは、短期足で上昇のダウに転換して反転上昇
青丸の4時間足でのローソク足の下ヒゲは、短期足で下降のダウが継続でそのまま下降

短期足で形成されたダウが長期足に伝わる事で、レートの向かう方向が継続したり反転したりしていきます。
特に長期足で意識されているレート付近では、それまでの流れが止まることも多いので注意が必要です。

ヒゲが出た後の動き方が重要

長期足のヒゲの先がレジスタンスやサポートとして機能しているラインや、キリ番に近いと反転する可能性が更に高くなります。

ですがヒゲが確定すればレートはヒゲ先とは反対方向に動いていく、こう決めつけるのは危険です。
絶対にその通りに動く保証はどこにもありません

長期足でヒゲが確定すると反転したように見える事もありますが、短期足ではそれまでレートが動いていた方向へのダウが継続中という事もあります。

短期足がそのままのダウの流れ継続で、長期足のヒゲ先方向に向かいだす事もよくあります。

ヒゲが確定した時間足よりも短期足で、ダウがどちらに形成されていくのか。

この見極めをしてからトレードしても充分に間に合います
さらに短期足でエントリーすれば、損切り幅も狭く設定できます。

まとめ

レートの動く方向の優位性を判断するのはダウ理論です。

ダウ理論にあわせてエントリー。
ダウ理論が崩れたら損切り。

なるべく勝てる可能性の高いトレードをしていくために、ヒゲも上手く利用していきましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました