GMOクリック証券FXネオの使いやすさを体験してみた感想

GMOクリック証券FXネオのご紹介です。

デモ取引ですが1か月以上使ってみました。
使いやすいポイントだけでなく、ちょっとイマイチに感じたポイントもお伝えします。

スポンサーリンク

GMOクリック証券FXネオを使ってみた(2018年9月現在)

私がDMM FXの口座開設をする前に、どちらにするか迷っていたのがGMOクリック証券です。
正直甲乙つけがたかったのですが、最終的にDMM FXに決定しました。

ただGMOクリック証券FXネオも、良いところが沢山あります。
デモ取引を使ってみた感想も交えて紹介いたします。

以下私の個人的な感想を書かせて頂きます。

これからFXを始めようと思っていて、どこのFX会社で口座開設するか迷っている方。
参考になれば幸いです。

GMOクリック証券FXネオの特徴

  • FX取引高7年連続世界第一位。(2018年12月現在)
  • スプレッドはドル円で0.2銭、スワップポイントも高め。
    取引通貨にトルコリラや南アフリカランドあり。
  • FXトレード日記。
    日々のトレードの詳細が記録されているので、一日単位で損益を確認することができる。
  • デモ取引あり
  • 新規口座開設キャンペーンあり。
  • 証拠金は当然、信託保全を導入。

サポート体制は営業時間中ならば24時間体制
月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
月曜日 午前7:00~土曜日 午前6:00(米国夏時間)

取引システム

  • Webブラウザ型分析ツール プラチナチャートプラス
  • リッチクライアント型 はっちゅう君FXプラス
  • スマホアプリ iPhone/iPad用 iClick FX neo Plus
  • スマホアプリ Androidyou FXroid Plus

取引システム共通の特徴

  • ワンクリックで新規、決済、ドテン注文ができるスピード注文に対応。
  • 決済同時発注機能あり。
    あらかじめ設定しておけば、エントリー時に利確と損切りを同時に注文できます。
  • チャート分析に使えるテクニカル指標も豊富。

実際にデモ取引で使ったのは、プラチナチャートプラスはっちゅう君FXプラスでした。
以下使ってみた感想です。

プラチナチャートプラス

  • レイアウト変更可能。
  • 変更したレイアウトは保存できる。

見た目を自分好みにする事は、操作性アップには欠かせない要素の一つです。

  • 複数のプラチナチャートを起動することができる。

同じ通貨ペアで違うテクニカルを表示して比較したり、違う通貨ペアで同じテクニカルで対比したりと、使い方はいろいろ工夫できる。

  • チャートを最大16分割して一画面に表示できる。

いっぺんに最大16ものチャートを同時に確認できる。
相場の流れを見るのに便利です。

一つの通貨ペアの1分足から日足までを1画面に表示。
長期足が伸びている時の、短期足での押し目や戻りを長期足と共に確認することができます。

ただ16分割は流石に多過ぎな気が・・・
一つのチャートが小さすぎて、使えませんでした。

  • チャートをインデックスのように重ねて表示することも可能。

いくつものチャートを重ねておいてから、見たいものをピックアップする事ができる。

はっちゅう君FXプラス

  • チャートを表示して発注ができる。

ローソク足の動きを見ながら、エントリーポイントを指定できる。
変更や取消しをする場合は、表示されたエントリーラインを動かすだけで変更、取消しが可能。

  • 約定スピードが速くなるExモード。

配信速度、約定スピードが速くなり、一度に出せる最大注文数も多くできる機能です。

  • プラチナチャートプラスを起動することができる。

細かな分析が必要ならば、プラチナチャートプラスを起動して確認ができます。

その他の機能

  • インターネットエクスプローラー(IE)に対応したFXツールバーがある。

ブラウザのツールバーにレートや経済指標発表、ニュースなどを表示します。

FXroid Plus

  • スピード注文チャート。

チャート上にスピード注文が表示された機能。
チャートを見ながらスピード注文ができる。
スマホでのスキャルピング向きかと思われます。

  • ウィジェットで経済指標などの情報を、スマホのホーム画面に表示しておく事ができる。
  • テクニカル指標も表示可能。

iClick FX neo Plus

  • スピード注文チャート対応。
  • トレンドラインが引ける。

iPhoneを持っていないので詳細は分かりませんが、スマホのFX取引ツールでトレンドラインが引けるのは少ないと思います。

  • テクニカル指標も表示可能。

GMOとDMMの差は

私はGMOクリック証券の口座は開きませんでした。
DMM.COM証券と比べた時に、正直「どちらでもいいかな」というのが私の結論でした。

ではなぜ、GMOクリック証券ではなくDMM.COM証券にしたのか。
理由はFX口座数国内一位という点を考慮したからです。

口座数が多いほうが安心かな」という程度の差でした。

ただしツールの操作性に関しては、個人的にはGMOクリック証券FXネオのほうが気に入っていました

まとめ

以下に私が感じたGMOクリック証券FXネオのお薦めポイントを書きます。

  • プラチナチャートプラスのチャート分割機能は、相場の流れを見るのに便利
    複数通貨ペアの比較や、一通貨ペアの短期足から長期足までの表示など。
    いろんな使い方ができそうです。
  • はっちゅう君FXプラスに約定スピードが速くなるExモードがある
    ガンガン取引したい人向きです。
  • iPhone、iPadでトレードする人には、スマホでトレンドラインが引けるのはありがたい

7年連続FX取引高世界1位
これは、それだけ大勢から支持されている証拠でしょう。

メイン口座におススメできるFX会社です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました