FX会社/外為どっとコムはキャンペーン、為替情報、注文方法が多彩

外為どっとコムは取引画面の設定が細かくできるのが良いところでもあり悪いところでもあると個人的には思っています。

画面のツールバーやチャート上部、画面下部などにクリックできる箇所があり、ちょっとゴチャゴチャした印象を持ってしまいました。

ただスマホのツールでとても見やすく利用しやすい機能があります。

以下私の個人的な感想を書かせて頂きます。

スポンサーリンク

外為どっとコムのデモ取引を使ってみた私の感想 (2018年9月現在)

外為どっとコムの特徴

  • スプレッドは米ドル円0.3銭、取引は1000通貨から可能。取り扱い通貨は20ペア
    最近はほとんどの会社が米ドル円のスプレッドを0.3銭にしています。
  • 証拠金は信託保全
  • 自己資本比率が2018年6月末時点で1156.2%と高い。
  • デモ取引あり
  • 為替相場情報はロイター情報も扱っており充実している。
  • キャンペーンもいろいろ。
    口座開設キャッシュバックキャンペーンや取引高に応じたキャシュバックキャンペーン、更には期間限定で深田恭子さん写真集発売記念キャンペーンなんてのもあります。
  • バーチャルFXコンテストを開催している。
    一定期間のFXトレードでの成績上位者には商品や賞金が与えられる。
    私が確認した時は優勝10万円でした。口座を開設していなくても参加できます。
  • サポートは24時間体制
【冬時間】月曜日午前7時から土曜日午前7時まで
【夏時間】月曜日午前7時から土曜日午前6時まで

取引システム

  • インストール型リッチアプリ版 外貨NEXT neo
  • Webブラウザ版 外貨NEXT neo
  • スマートフォン版 外貨NEXT neo(iOS/Android)
  • iPad版 外貨NEXT neo
  • モバイルアプリ版 外貨NEXT neo(docomo)
  • モバイル版 外貨NEXT neo

取引システム共通の特徴

両建のあり、なしを選択できる。

なしを選択するとポジションがない場合は新規注文扱いとなり、ポジションがあると同じ通貨ペアの約定日時の古い順にポジションが決済されていく。
売りと買いの両方のポジションを同時に持たないようになる。
デモで使えるツールはリッチアプリ版スマートフォン版の二つです。以下に実際に使ってみた感想を書きます。

インストール型リッチアプリ版 外貨NEXT neo

注文方法が多彩。

成行注文
通常の注文方法。発注すると約定するが何PIPSズレるかはその時次第。
マーケット注文
成行注文にスリッページの設定をする事ができる。
スリッページの設定以上にズレた場合は約定しない。

指値、ストップ(逆指値)、IFD、OCO、IFO注文もある。

時間指定成行注文
指定した時間に成行注文が発注される。
時間指定指値注文
発注した指値注文を指定した日時まで有効にする機能。
指定した日時まで指値注文が成立しなかった場合は指定した日時のレートで成行で約定する。
そのため意図しなかったレートで約定する可能性もある。
時間指定ストップ注文
先に紹介した時間指定注文のストップ注文バージョン。
こちらも指定した日時までストップ注文が成立しなかった場合は指定した日時のレートで成行で約定する。
そのため意図しなかったレートで約定する可能性もある。

トレール決済注文もできる。

トレールとは決済注文のレートがあらかじめ設定したPIPSをキープしてその時のレートに連動して自動的に動いていく決済注文です。
詳しくはこちらのリンク先ページで説明しております(セントラル短資FXの紹介)

スピード注文、スピード注文2。(詳しくは外為どっとコム公式HPへ)

決済注文同時発注機能あり。

利確、損切りあるいはトレールの設定をしておくとワンクリックで発注できるスピード注文で発注した時に、同時に決済注文が発注される。

ワンクリック注文機能あり。

確認画面がでないワンクリックで完了する注文方法。
両建注文なしの設定になるので、保有ポジションがある時にポジションとは逆の注文をすると決済注文になる。

トレード画面を最大で8個作成保存が可能。

画面下部にタブで表示されている。
好きなタブを選んで保存したトレード画面を呼び出すことができる。

チャートに表示するテクニカル指標も豊富に用意されている。

スマートフォン版 外貨NEXT neo(iOS/Android)

両建注文設定や成行、マーケット、指値、ストップ、時間指定、トレール注文等はリッチアプリ版と同じ。

決済注文同時発注機能がある。

通貨ペアごとにロット数や利益、損失の額を決めたり、ロットやトレール幅などを決める際にクリックするプラス、マイナスのキーのワンクリックでの変動数値など細かな設定が可能。

為替相場情報表示が見やすい。

ロイターの情報も扱っています。
各国の政策金利が発表日も入っていて一覧で見やすい表示の仕方です。
経済指標の発表の表示の仕方は他社も含めてスマホアプリでは一番見やすいんじゃないかと個人的に思っております。

チャートに表示できるテクニカル指標のうちトレンド系の指標が一つしか表示できないのは残念。

もしかしたらデモ版だからかもしれません。
口座開設をしていないので本口座用のアプリでは違う可能性もあります。

まとめ

デモでは使えない(表示されない)機能もありますので完璧とは言えませんが、外為どっとコムでデモ取引をしてみて私が気に入ったところを以下にあげておきます。
これからFXを始めるという方で、新規の口座開設のご参考になれば幸いです。
スマホ版の為替相場情報ツールがとにかく見やすい。経済指標と政策金利は特によし。
キャンペーンが多彩で口座を開設していなくても参加できるバーチャルFXコンテストなど、サービスが沢山でうれしい。
時間指定の注文方法があるのは使いようによっては便利(土曜日早朝のマーケット終了直前にポジション解消ができる等)

コメント

スポンサーリンク