大きな流れに影響しそうな重要指標発表が各国で相次ぎます

12月も中旬となります。
今週は米国の消費者物価指数やFOMCを始め、各国の重要指標の発表が続きます。

今後の大きな流れに影響する可能性大です。

スポンサーリンク

2022年12月5日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年12月11日ユーロドル4時間足チャート

1.0594まで上昇しましたが1.0600は超えず。
下降は1.0442までで再上昇。
僅かに高値切り下げて1.0587。
取引終了は1.0531となりました。

持ち越しポジションは100PIPSで利確。
その後に1.0520で買ってますが、1.0502まで落ちた下ヒゲ陰線で建値決済となりました。

上昇はしていますが高値切り下げ。
このまま安値の切り下げあるか。
それとも1.0600越えの再トライに行くか。

週足は十字線。
ここまで目立った押し目無し。
RSIは60近辺で僅かに下向き。

日足はダイバージェンスから下降して現状RSIではシグナルなし。
高値の切り下げも現状ではまだ確定してません。

もう少し上もありそうですし、ここらで調整下降もありそうです。

1.0600を超えたら押し目買いを狙います。
1.0220近辺から戻り売りを狙います。

それ以外は今週は様子見で。

米ドル円4時間足チャート

2022年12月11日米ドル円4時間足チャート

スタートから上昇して137.85。
ジワリと安値切り下げで135.59。
取引終了は136.55。

前回考察通り、137.66での反転売りが決まってます。

週足はずっとヒドゥンダイバージェンスで上昇示唆。
これは130.38を下抜くまで解消しません。

日足は上ヒゲ陰線が続きました。
でも金曜日のローソク足は下ヒゲ長めの十字線。

形としては下げてますが136.00を割らない雰囲気が出てます。
このまま堅いようなら買いで考えようと思います。

135.19までは反転買いを狙います。
再開早々上なら押し目待ち。

これ以外は様子見で。

ユーロ円4時間足チャート

2022年12月11日ユーロ円4時間足チャート

取引きスタートから強く上昇。
144.57まで上げましたがジワリと下降。
その後は144.00から143.00の間で上下動。
レンジ相場となってます。

前回考察では上昇ダウで買いとしました。
しかし買いシグナルが144.00付近だったので見送り。
その後143.07まで下げたんで結果オーライでした。

週足は前週の長い陰線をほぼ全返しの陽線。
日足は高値切り下げが続いてますが、140.75からV字回復の上昇に見えます。

このままレンジが続くなら144.00近辺からの反転売り。
レンジを下抜いたら戻り売り。

現状はレンジの天井付近と見て、今週は短期足での売りだけを狙います。

ポンドドル4時間足チャート

2022年12月11日ポンドドル4時間足チャート

上昇スタートで1.2343まで上げ1.2105まで下げる。
再上昇して1.2321まであげ取引終了が1.2259。
下げて上げてのV字軌道となりました。

1.2110近辺で前回考察の買いのタイミング。
しかしシグナルなしなので見送りました。

週足は下ヒゲ長い十字線。
1.2350を超えれば次の高値は1.2650。

日足はもう少し動かないと何とも言えず。

それらを踏まえ、1.2343(直近最高値)を超えたら押し目買い狙い。
1.2100を下抜いたら戻り売り狙い。
1.1750を下抜いたら売りだけで検討。

それ以外は様子見とします。

今後のトレード方針

ユーロドルとポンドドルは目安ライン越えで買い、下抜きで売り。
米ドル円は買い優先。
ユーロ円は短期足で売り。

指標発表後の流れ次第で対応は変えます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました