一週間のトレード成果(2018年8月6日~11日)

スポンサーリンク
トレード

8月6日から一週間のトレード検証

プラス  72PIPS
マイナス 35PIPS

トータル

プラス37PIPS

ドル円60分足チャート

高値安値を切り下げながら下落していったのだが、111.00を下抜ければ戻され、上に抜けていけば叩かれと、下落トレンドを作ってはいるが111.00に戻ろうとする力も強かったようだ。

週後半はトルコリラの暴落で、関係性の強いユーロを中心に下落の勢いが強かった中でドル円はドル買い、円買いともに強かったようで他通貨のような極端な下落はなく、111.50直前まで下落するも111.00に戻って一週間を終えた。

チャートを見返すと111.00をロウソク足が離れたら、戻す方向へエントリーしていれば大概は利益で終れたようだ。日足チャートは長い下ヒゲで終っているが、まだトルコリラ絡みのリスクオフは来週も続きそうな情勢ではある。アメリカ次第のような気もする。

月足、週足、日足はまだ高値更新はしていないので、下向きの勢いを考えながら来週もトレードしていきたい。

スポンサーリンク