強い米雇用統計の結果を受け米ドル円は135円台まで上昇

米雇用統計の予想を大きく上回る結果を受け、米ドル買いが強くなりました。

米ドル円は135円台まで上昇しましたが、このまま上昇トレンド再開となるでしょうか。

スポンサーリンク

2022年8月1日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年8月7日ユーロドル4時間足チャート

1.208から1.010のレンジの中で終わりました。
相場環境の変化なしと見てます。

なので引き続き、トレードは売りメインで検討します。

レンジのうちは様子見。
上に超えたら1.035近辺での反転待ち。
下降のダウ確定で売ります。

いきなり下だった場合は1.000近辺まで待ち。
ここでの反転上昇は買い検討です。

基本的に前回考察と変わらずです。

米ドル円4時間足チャート

2022年8月7日米ドル円4時間足チャート

週足は長い下ヒゲの陽線。
日足は金曜日に実体の長い陽線。
4時間足は上昇のダウ確定。

130.38まで落ちましたが、ダウ形成で135.49まで上昇。
取引終了は134.98です。

上昇トレンドに戻ったのでしょうか。
それとも、もう一下降前の調整か。

どちらにせよ上方向優位の考えは変わりません。

再開早々は134.50近辺での反転待ち。
ここでの反転は即買い予定です。

下に動いてる間は待ち。
132.50近辺までは目線とダウが上になったら買います。

上は138.00を超えたら様子見メインの買い場探しとします。

ユーロ円4時間足チャート

2022年8月7日ユーロ円4時間足チャート

133.39まで下降してから137.74まで上昇。

日足で見ると長い下ヒゲ陽線からV字回復に見えます。
下降のダウの調整上昇にも見えます。

4時間足では上の流れになりそう。

分からないんで今週も基本様子見です。

やるとすれば再開早々に上昇のチャートパターンなら買い。

140.00で反転下降だと週足のヘッドアンドショルダーも可能性あり。
下目線になったら売りたいと思います。

ポンドドル4時間足チャート

2022年8月7日ポンドドル4時間足チャート

1.229まで上昇して1.200まで下降しています。
前回考察では1.205までは反転買い狙いとしましたが、それを抜け落ちてしまいました。

1.200で反転上昇の気配ありですが、はっきりしたシグナルはありません。
大きな流れは下、直近は上でしょうか。

週足がもうすぐヒドゥンダイバージェンスで下降示唆。
なので、なるべく上から売りの方針でいきたいと思います。

1.230近辺までは売り。
ダウと目線の下向き待ちですが、1.215では反転即売りで考えてます。

1.230を超えたら日足が上昇ダウ。
ここからは買いも検討します。

再開後に勢いよく下なら様子見。
1.175近辺での反発買いだけ狙います。

今後のトレード方針

ユーロドルはレンジ抜け待ち。
米ドル円は買い。
ユーロ円は様子見。
ポンドドルは売り優先。

今週はお盆に入ります。
「夏枯れ相場」なんて言われるように、本邦勢はお休みに入るところが多いです。

ボラがなくなる傾向がありますが、急変動にも要注意な一週間となります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました