米ドル円は一時133円台まで下降、円高方向への勢いが強いままです

米ドル円は一時133円台まで落ちました。

そろそろ落ち着いた欲しいんですが、円高方向への勢いは強いままです。

スポンサーリンク

からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年12月4日ユーロドル4時間足チャート

1.0480から1.0363の間は様子見としてました。
その様子見の天井と底でウロウロした感じでしょうか。

取引きスタートから窓を開け1.0340。
強い上昇で1.0495まで上げたら急降下で1.0329の行って来い。
下値をジワリと下げながら1.0289まで下降。
そしたら一気に上昇して1.0544。
指標発表で行って来いして1.0539で取引終了でした。

最初の動きが行って来いとなったので流れが出るまで様子見。
結局指標発表後にシグナルが出たので1.0483で買ってます。

週足・日足ともに上方向に勢いありです。
RSIは日足で僅かにダイバージェンスですが、ほんのちょっと上がれば解消です。

トレードは上方向で考えてます。

まずは上昇スタートなら押し目が来たらポジション追加。
下降スタートなら1.0480までに反転上昇ならポジション追加。
1.0480を下抜いたら様子見。

今週は持ち越したポジションの決済か追加がメインです。

米ドル円4時間足チャート

2022年12月4日米ドル円4時間足チャート

137.49まで落ちてから139.34まで上がり137.85へ落ちる。
そして139.88まで上がったのを最後に急降下。
133.61の安値から上下して取引終了は134.31でした。

安値切り上げがあったので138.63で買い。
その後順調に上昇しましたが、一気の下降に巻き込まれ損切りとなりました。

週足ではヒドゥンダイバージェンスの上昇示唆。
日足ではRSIが30を下抜き。

どちらの足も勢いは下ですが、そろそろ感もでてくるレート。
130.38までは安値切り上げしたら少ロットでの買いは続けてみます。

上昇したら137.66までは反転下降で売り。
ここを超えたら買い優先で再考察します。

ユーロ円4時間足チャート

2022年12月4日ユーロ円4時間足チャート

143.03まで落ちてから144.99まで上昇。
143.00まで落ちて144.83まで上昇。
僅かに安値と高値を切り下げてから一気に140.75まで下降。
取引終了は141.55でした。

予定通りに一週間様子見でした。

週足ではまだ上昇ダウですが、日足では目線が下に変わりました。
今週はここまでの日足の調整と見て、買いトレード優先で考えていきます。

140.00までは上昇ダウで買い。
下抜いたら戻り売りで再考察。

直近安値の140.75を下抜かないで上昇の場合、動き方を見てから再考察します。

ポンドドル4時間足チャート

2022年12月4日ポンドドル4時間足チャート

ジリ下げが長引きましたが1.1950で止められます。
その後1.1899まで下げましたがヒゲで戻し上昇。
1.2309まで上がっています。
その後は上下しながら高値越えトライ。
取引終了は1.2290でした。

前回考察にちょこっと書きましたがやっぱり上でした。
逆張り狙ってたんですが、タイミングなしでノートレードです。

今週も逆張りの売り、といきたかったんですがヤメ。
買いと売り、状況で検討していこうと思います。

このまま横が続くなら買い優先で。
下降しても1.1950までは買いチャンスだけトレードします。

売りは1.1950を下抜いてから検討します。

今後のトレード方針

ユーロドルは保有ポジションの決済がメイン。
トレードは買い優先。
米ドル円は反転上昇の買い狙いですが売りも視野に。
ユーロ円は短期で買い。
ポンドドルは買い優先。

12月となり、今年も残すところあとわずか。
このまま円高方向で終わるのか。
また米ドルに勢いが出るのか。

今回持ち越しちゃいましたが、今まで以上にポジション管理は慎重にいきたいです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました