米ドルの方向感がいまいちでポンドドルのレンジ相場が続いています

ADPの発表後に買われて、米雇用統計の発表後には売られる。
米ドルの方向感がつかめない相場環境が続いています。

そのためか、ポンドドルのレンジ相場が続いています。
上昇気配のあった米ドル円も、強めに下降して取引終了しています。

スポンサーリンク

2021年5月31日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年6月6日ユーロドル4時間足チャート

上昇して始まったユーロドルですが、高値切り下げで下降していきました。
この下降からいったん上昇するように見えましたが、ふたたび下降が強くなり安値切り下げ。

日足での高値切り下げも確定する事になりました。
チャート図では、表記するポイントを間違っちゃいました。

週足ではまだ上昇気配ですが、引き続き売りでのトレード主体で検討していきたいと思います。

まずは1.2200付近での反転売りチャンス待ち。
超えてきたら様子見しますが、1.2265付近までは売りで考えていきます。

下降した時は戻り売りのチャンス待ち。
日足での直近安値である1.2050付近では、反転気配が出れば買いも考えます。

米ドル円4時間足チャート

2021年6月6日米ドル円4時間足チャート

ダウを形成しながら大きく上昇と思いきや、一気に下降して一週間の最安値付近まで戻ってしまいました。
下ヒゲを付けてはいますが、下降の勢いもありそうです。

109.50から110.50のレンジも想定しながら、上からの売りと下からの買いで考えていきます。

110.35までは節目ラインでの反転売り。
超えてきたら110.50での反転に注意して、押し目待ちの買いに戦略変更。

下は日足の安値109.32付近で検討。
抜けたら戻り売り、反転したら買い。
同様に109.00付近でも、売り買いの両面狙い。

108.34付近では反転買いで検討します。
ここを抜けて落ちたら、売りだけで考えます。

どのポイントのトレードでも、利確・損切りは細かく設定します。

ユーロ円4時間足チャート

2021年6月6日ユーロ円4時間足チャート

週足では久しぶりに、実体のある陰線になりました。
日足でも押し目に見える下降です。

この下降が週足での押し目になるのか?
それとも週足では押さずに、直近高値137.47まで一直線の上昇か?

ここまでは買い一本で良かったんですが、ちょっと考えさせられるレートになってきました。

ここからは、大きな流れだけで見ていこうと思います。

取引開始から下降するなら、なるべく132.50付近まで引き付けて買い。
抜けて落ちたら、新たなダウの成立待ち。
上昇ならば引き続きの押し目待ち。

基本は買いで変わらずですが、下降時の引き付けを日足ベースで考えていきます。

ポンドドル4時間足チャート

2021年6月6日ポンドドル4時間足チャート

想定通りのレンジ相場でした。

このレンジを抜けるまでは戦略は変更しません。
レンジ天井から売り、底から買い。
レンシを抜けたら、抜けた方向についていきます。

今後のトレード方針

ユーロドルはどちらかと言えば売り。
米ドル円は節目ラインでの売りと買い両面。
ユーロ円は買い。
ポンドドルはレンジ天井からの売りと底からの買い。

ポンドドルのレンジブレイクが何時になるのか。
そこそこ続いたレンジですので、そろそろ期待しています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました