ワクチン期待も織り込まれ、元の円買い相場に戻ってしまいました

米ドル円が下降しています。
103円台で取引終了しました。

少し前にあったワクチン期待での急上昇が、ほとんど戻されてしまいました。

米ドルが弱いままだと、年内にコロナ相場で付けた安値に届きそうです。

2020年11月16日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2020年11月21日ユーロドル4時間足チャート

100PIPSに満たない幅のレンジで終わった一週間でした。
明確な方向感が出るまでは、水平ラインに近づくまで待つ事にします。

まずは1.1900から1.1700のレンジでの反転狙いでいきます。
上に行ったら売り、下に行ったら買い。

1.1900を超えてきたら上目線重視。
押し目買いのチャンス待ち。

1.1700を下抜いたら下目線重視。
こちらは安値確定後に再検討します。

米ドル円4時間足チャート

2020年11月21日米ドル円4時間足チャート

上目線重視だが、もう少し押しそうだと先週末には考察しました。
ちょっと予想以上に押してますが、取引終了時点ではまだ安値更新はしていません。

今後も先週の考察のまま、一度上昇していくと想定しています。

上昇中は待ち。
キリ番や水平ライン付近からの反転売りで考えています。

大きな上昇が無く下降していくようなら、直近安値の103.16付近までは様子見。
更に下降なら安値確定まで待ち。
103.00付近での反転気配なら買い。

長期的には下目線でも、現状は上に戻ると想定中です。

ユーロ円円4時間足チャート

2020年11月21日ユーロ円4時間足チャート

先週からのチャネルラインのなかに収まったままでした。
基本的にはブレイクまでは待ちでいます。

ただ現状は123.00を下抜けないで、横に動いている状況です。
これが続くようなら、レンジの反転狙いに変更するかもしれません。

今はまだ下への動きが強そうです。
123.00を下抜いたら、戻り売りのチャンス待ちに変更します。

ポンドドル4時間足チャート

2020年11月21日ポンドドル4時間足チャート

こちらも先週から引き続き上目線重視でいきます。

押し目を待ってから買いでのエントリーが基本線。
1.2850までは、上目線重視でいます。

下降中は様子見。
キリ番や水平ライン付近での反転買いで考えています。

ただし、1.3100まで反転気配がない急下降だったら、1.3100を下抜いた時点で目線変更します。

今後のトレード方針

ユーロドルは動き出し待ち。
米ドル円とユーロ円は、下目線ですが来週は上。
ポンドドルは上。

アメリカ大統領選挙の行方やブレグジット、新型コロナウイルスの感染拡大やワクチン開発と、まだまだファンダメンタルズ要因はたくさんあります。

今まで通り一番の注意点は、突然のファンダメンタルズ要因でしょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました