ユーロドルが上で米ドル円が下、挟まれユーロ円はレンジになる?

ユーロドルが上に動きそうです。
節目になりそうな1.2000まであと少し。

このままいくと米ドル円は下に動きそうですが、ユーロ円はレンジもありそうなチャート形状です。

2020年11月23日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2020年11月28日ユーロドル4時間足チャート

1.1900を超えてきました。
上昇のダウも形成されています。

基本はシンプルに上目線。
1.2000までは押し目買いのチャンス待ちです。

下に動いたとしても、1.1880までは反転上昇の買いチャンス待ち。
上昇のダウが崩れるまでは上目線重視でいきます。

ただ、その後下降を続けても、1.1800を下抜くまでは買いを優先します。

米ドル円4時間足チャート

2020年11月28日米ドル円4時間足チャート

上昇で始まりポイントは違いましたが反転下降。
ほぼ想定通りの動きでした。

ただ、勢いこそ弱いですが、104.00付近まで落ちてしまいました。
やはり長期的には下目線のままで良さそうです。

週明けは動き出しを見てからにします。

上に動いたら105.00までは押し目買い重視。
ですが、短期足でチャートパターンが出なければ見送りします。

本線は105.00付近での反転。
できるだけ引き付けてからの売りで考えています。

下に動いたら、103.70付近では反転からの買いチャンス待ち。
下抜いたら安値確定ポイント次第で対応します。

ユーロ円4時間足チャート

2020年11月28日ユーロ円4時間足チャート

取引スタートの123.00付近から上昇してチャネルラインをブレイク。
124.50付近までほぼノンストップで上昇しました。

そして123.90付近まで下降してから再上昇。
結局124.50付近まで戻って取引終了しました。

来週の取引スタートから下降すると、ダブルトップも考えられる状況です。
反転からの売りでいきたいところですが、スタート早々なので動いたとしても見送りしたいと思います。

下に動いたら123.90付近からの反転上昇狙い。
そのまま抜けたら123.00までは、キリ番付近での反転買いを狙ってみます。

124.50を超えて上昇したら125.00までは様子見。
125.00を超えるか、124.50付近で支えられての上昇なら上目線。

124.50を下抜いたら、レンジも想定しながら反転買いで考えています。

ポンドドル4時間足チャート

2020年11月28日ポンドドル4時間足チャート

今週も上昇でしたが、1.3400付近で上値を抑えられてます。
1.3300付近までのレンジの中を動いています。

まず上に動いて1.3400を抜いてきたらブレイクアウトの買い。
抑えられたらレンジの天井と底での反転売り狙いでいきます。

1.3300を下抜いたとしても、1.3200までは反転買い狙い。
下抜いてきたら下目線に変更します。

週足でも高値圏に来てますので、そろそろ大きな戻りも期待したいところです。

今後のトレード方針

ユーロドルは買い、米ドル円は売り、ユーロ円とポンドドルは来週は売り。

年末までは円買いでしょうか。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました