リスクオフの円買いが強まりドル円クロス円は下降が強くなりました

日米とも株価が下落しています。
利上げに動くポンドも弱くなった印象。

リスクオフが強まり、ドル買いよりも円買いの方が強くなってます。

スポンサーリンク

2022年1月17日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年1月23日ユーロドル4時間足チャート

少し横に動いてから下方向へ。
以前のレンジ天井である1.1380を下抜きました。

その後は僅かに高値安値の切り下げで下降のダウ。
レンジ底の1.1280に向かいそうな流れです。

下降のダウが崩れない限りは下方向優勢で見ます。
ですがレンジの可能性も捨てきれません。

そこで今週は、ユーロドルは基本様子見。

以前のレンジが機能するなら、天井と底からのレンジ対応トレード。
レンジを抜けてくるなら、抜けた方向にトレードする予定でいます。

米ドル円4時間足チャート

2022年1月23日米ドル円4時間足チャート

115まで上昇してから113.67まで下降。
私的には目立ったトレードチャンスがない一週間。
反転上昇の押し目の雰囲気も無く、下抜けの目安の113.45にも届きませんでした。

引き続き売りでのトレードは、113.45を下抜いたら検討していきます。
取引再開早々に抜ける可能性もあります。
その時は短期足での戻り売りを検討します。
112.70付近まで下降したらポジション決済して様子見で。

113.45を下抜かず114.00を超えたら押し目買いも検討。
115.00を目標に、リスクリワード次第でトレードしたいと思います。

ユーロ円4時間足チャート

2022年1月23日ユーロ円4時間足チャート

取引スタート後は上昇して131.16まで。
止められた後は下降が強くなり、ダウを形成しながら128.54まで。
少し戻した128.94で取引終了でした。

前回考察の反転売りの狙い目ラインはほぼ正解。
すんなりトレードできた一週間となりました。

しかし129.00付近で反転上昇すると見ていましたが、128.54まで落ちていきました。
下降のダウもキレイですし、まだ下向きの勢いがありそうです。

この流れのままなら売りチャンスだけでトレード。
129.20を超えてきたら短期足で買い。
129.60を超えたら4時間足で押し目待ち。

基本は売りで考えますが、日足レベルでの戻りも考慮した買いも視野に入れておきます。

ポンドドル4時間足チャート

2022年1月23日ポンドドル4時間足チャート

1.3600から狙っていた下降の流れになったようです。
下降のダウも形成されて、1.3550まで落ちています。

トレードは引き続き売り狙い。
目立つ戻りが形成されたらポジション追加でいきます。

下値目標は1.3400。
すんなり抜けるようなら1.3350まで延長します。

今後のトレード方針

ユーロドルは様子見。
米ドル円は売り買い両面も短期足で。
ユーロ円とポンドドルは売り。

リスクオフが強まる中でFOMCが開かれます。
急変動に要注意です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました